Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

★重要なお知らせ★

このブログは私の他のブログと統合/移転をしました。
このページは2013年1月より更新を停止しています。 新しいアドレスは、http://japantg.com/wp です。


旧ブログを含む過去の全ての記事も、
新しいアドレス http://japantg.com/wp に移動しています。

ぜひ、新しいアドレスにお越しください。
こちらよりかなり見やすく、お探しの記事も検索しやすくなっています。


550.gif

2006年12月18日

祝納車! GN125

 ついに私のGN125Hが納車されました。

GN125_view.jpg

----------------------------------------------------------------続きを読む
posted by GN125サイト主 at 17:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | GN125/修理/メンテ/改修

2006年12月20日

輸出仕様GN125?

あくまで出所も分からない噂なのだが、中国のバイクは輸出用国内用では工場が違う、あるいは気合いが違う(^^;) ことがある、のだそうだ。

GN_english.jpg

----------------------------------------------------------------続きを読む
posted by GN125サイト主 at 18:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | GN125/修理/メンテ/改修

2006年12月21日

時計は便利だ!

ちらって見ただけで時間が分かる。
東西南北が分からなくても、太陽が出ていなくても分かる。便利だ。

GN_watch.jpg

----------------------------------------------------------------続きを読む
posted by GN125サイト主 at 20:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | GN125/修理/メンテ/改修

2006年12月22日

GN125のエンジン音(動画つき)

どうもGN125のエンジンは静かではないらしい。


日本で1999年まで作られていたGN125のエンジンは、"F401"という型だ。
ちなみにスペックは、F401型 4サイクル空冷SOHC単気筒124cc、(57.0mm x 48.8mm)、圧縮比9.5:1 となっている。

engine_move_sound.jpg

----------------------------------------------------------------続きを読む
posted by GN125サイト主 at 15:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | GN125/修理/メンテ/改修

2006年12月27日

タイヤ - GN125大解剖


さて、何度も書くが私のGN125Hは、新車車体価格が13万8000円だ。
この同スペック国産車の1/3の価格なのはもちろん中国製であるからで、パーツも中国製のものをかなり使っている、ということだろう。

そこで、GN125の各部署を、調査・研究してみることにする。第1回目はタイヤだ。

GN125_f_tire.jpg


----------------------------------------------------------------続きを読む
posted by GN125サイト主 at 21:59 | Comment(7) | GN125/修理/メンテ/改修

2006年12月28日

メーター・スイッチ - GN125大解剖



次にメーターやスイッチを見てみる。

左がスピードメーターとトリップメーター、右がタコメーターとウインカー、ビーム、ニュートラルのモニタランプだ。

GN125_meters.gif


----------------------------------------------------------------



この記事の全文を読む more.png

posted by GN125サイト主 at 12:54 | Comment(5) | GN125/修理/メンテ/改修

2006年12月29日

エンジン周り - GN125大解剖



GN125Hのエンジンは、空冷125cc4ストローク単気筒だ。間違っても水冷などあり得ないが。


GN125_engine_view.gif

----------------------------------------------------------------

 この記事の全文を読む more.png

posted by GN125サイト主 at 10:46 | Comment(5) | GN125/修理/メンテ/改修

2006年12月30日

ボディ - GN125大解剖

 

次は車体中央部を見てみる。

ガソリンタンクの "SUZUKI" のロゴがまぶしい。間違っても「大長江集団」とは書かないようだ。それはそれでなかなか悪くない気もするのだが。でも "SUKIDA" は嫌だ。

Gn125_battery.gif

----------------------------------------------------------------


この記事の全文を読む more.png

posted by GN125サイト主 at 10:07 | Comment(4) | GN125/修理/メンテ/改修

2006年12月31日

その他のアップ映像 - GN125大解剖



タイヤ、メーター、ボディ、エンジンと各部の詳細を紹介したが、他にも撮影した映像が残っていた。このまま削除するのももったいないので、ここで年末一掃を行うことにする。

GN125_choke.jpg

----------------------------------------------------------------

この記事の全文を読む more.png

posted by GN125サイト主 at 16:40 | Comment(2) | GN125/修理/メンテ/改修

2007年01月10日

ヘッドライト - GN125大解剖

 

噂によると、どうもGN125のヘッドライトは暗いらしい。

実際のところ私は他の国産車にほとんど乗っていないため比較はできない。しかし、実際「あんまり明るくないなぁ」と思った事はある。これが30万円台の国産車だったら「バイクというのはこんなもんなのか」と納得もいくが、我がGN125は大陸車だ。

G
N125_light.jpg

----------------------------------------------------------------

この記事の全文を読む more.png

posted by GN125サイト主 at 00:33 | Comment(12) | GN125/修理/メンテ/改修

2007年01月24日

初めての燃費計測



私のGN125は街乗りが中心だ。
1泊くらいのツーリングに出たいとも思う。しかし中年オヤジの体に真冬の風は冷たい。そう言う訳でメーターが進まない。当初は300qで燃費計算をしようと思っていたのだが、ついに耐えきれなくなり、200qを越えた今日給油をしてしまった。

GNGas_Standmeter.jpg

----------------------------------------------------------------

この記事の全文を読む more.png

posted by GN125サイト主 at 18:46 | Comment(5) | TrackBack(0) | GN125/修理/メンテ/改修

2007年03月02日

納車10週目のインプレッション その1




3月になった。
私が選び抜いた(つもりの)SUZUKI GN125も、納車からおよそ10週になる。最近ブログもなかなか更新できないでいたので、しばらく乗ってみてのインプレッションなどを書いてみることにする。

GN_2007_2.jpg

----------------------------------------------------------------

この記事の全文を読む more.png

posted by GN125サイト主 at 12:54 | Comment(7) | TrackBack(0) | GN125/修理/メンテ/改修

2007年04月27日

納車10週目のインプレッション 駐車事情



なかなかブログを更新できないでいるうちに、納車から14週を越えてしまったけれど、今更タイトルを変えるのもなんなので「納車10週目」シリーズということでお許しいただきたい。

バイクの魅力のひとつに手軽さがある。
さっと乗れてさっと出発しさっと駐める。これができるのは本当にありがたい。しかし自転車の不法駐車が話題になる昨今、バイクも「どこにでも駐めることができる」という訳にはいかない。私は、都市部と言うと若干疑問が残るが一応首都圏、というエリアに住んでいる。都市部でバイク、特に原付2種は最強の乗り物だとますます思うようになっているが、それでも制限が無い訳ではない。

GNpark_mall_1.jpg

----------------------------------------------------------------

この記事の全文を読む more.png

posted by GN125サイト主 at 18:05 | Comment(4) | TrackBack(0) | GN125/修理/メンテ/改修

2007年05月01日

10週目のインプレッション 原付2種最強伝説!



10週目と言いつつ既に14週目、やがて15週目に入ろうかという時期だが、なのだが、今回もめげずにこのまま行かせて頂きたい。



今更言うまでもないが、原付2種は都市部ではかなり強力な乗り物だ。
まず渋滞に悩まされることが少ない。もちろん狭い道などでは素直に自動車の行列に並ぶ。これは自分が車も運転しているから、どんな行為が迷惑なのかある程度理解できているせいもある。しかし、特に並んでいる車に迷惑をかけない場面では、どんどん列の前に出る。

前回書いたが、駐車事情も「自転車並」とは行かないまでも、自動車とは雲泥の差だ。大変気軽に出かけ、気軽に駐め、気軽に帰って来られるのが良い。特にショッピングモールなどの駐車場が無料で時間制限なしなのがありがたい。二人乗りもできるので、ちょっとそこまで、という時には十分だ。もっとも免許取得後1年間は二人乗りはできないが。

GN125_pink_up.jpg

----------------------------------------------------------------

この記事の全文を読む more.png

posted by GN125サイト主 at 16:32 | Comment(5) | TrackBack(0) | GN125/修理/メンテ/改修

2007年05月11日

第2回燃費測定結果




最強の原付2種で最強の非常識な安い価格を誇る我がSUZUKI GN125H。
しかし「最強、最強」という割にはあまり乗っておらず、走行距離は未だ500kmにならない。

前回こけてウインカーのカバーを交換してもらった時、「ついでにオイルもお願いできますか?」と言ったところ、店主さんに「500kmじゃまだもったいないですよ」と言われてしまった。バイク本体は中国法人とはいえSUZUKI製だし十分に枯れたスペックなので何の不安もないのだが、大陸オイルを国産品に早めに変えようと思っていた私には、意外な返事だった。私がGN125を購入した店は、大型バイク店というより「街のバイク屋さん」という感じの店なので、こういう所はかなり親切なのだ。

「どこで買ったのですか」という質問は何度か受けたが、ブログでは公開していなかった。店名を出すのも宣伝臭くてなんなので、ウェブサイトのトップページだけを貼っておくことにする。

miyasita_autoshop.gif

----------------------------------------------------------------

この記事の全文を読む more.png

posted by GN125サイト主 at 10:06 | Comment(7) | TrackBack(0) | GN125/修理/メンテ/改修

2007年05月31日

125ccの駐車事情

こう見えても私は大変ファッションに気を使う。
身につけている物もユニクロ、ダイソーなどの有名ブランドだし、髪の毛を切るときも特定の有名チェーン店か、同じコンセプトの店にしか行かない。ということでそろそろ髪が伸びて来た私は、行きつけのひとつである床屋に行ってきた。

しかしこの床屋は私鉄とは言え駅前エリアにある。
自動車用の駐車場もあり空いていたのだが、そこに小さな125ccバイクを置くのも気が引ける。そこで店の人に訊ねて、敷地に置かせてもらった。

GN_barbar.jpg

この記事の全文を読む more.png

posted by GN125サイト主 at 18:52 | Comment(4) | TrackBack(0) | GN125/修理/メンテ/改修

2007年12月27日

防寒対策

私の住む首都圏のような農村のような地域もかなり寒くなってきた。
12月も半ば頃まではちょっと厚着をすれば何とかしのげたのだが、先週あたりから朝の寒さが厳しい。特に手と頬の冷たさが身に染みる。

当初は寒くなったら車で通勤しようと思っていた。
しかし昨今のガソリン代高騰のため、「朝の寒さに耐えれば一ヶ月で約1万円のご褒美」という状況が発生し、自由に使えるお金がパリス・ヒルトンより少ない私は我慢の道を選んだのだ。仲の良い友人は私のことを良く貧乏性と言う。仲の良くない友人は私のことを良く貧乏と言う。まぁ原付2種というのはコストパフォーマンスの世界だし、中華GN125はその中でも抜きん出てコストパフォーマンスが高いので反論はしにくい。仕方がないので仲の良くない友人ともがんばって付き合い続けている。

ともあれ問題は寒さだ。
原付2種の価格破壊王・中華GN125オーナーとしては最低限の投資でこの問題をクリアしたい。

という訳でついにハンドルカバーを導入した。

GN125_hcover.jpg

----------------------------------------------------------------

この記事の全文を読む more.png

posted by GN125サイト主 at 17:45 | Comment(5) | TrackBack(0) | GN125/修理/メンテ/改修

2008年01月24日

新ヘルメットOGK"TeleosV"購入


SUZUKIと大長江集団による車体136000円の中華GN125Hも、気がついたら1年以上乗り走行9000km近くとなってきた。最近はかなり寒い日が続くが、私はほぼ毎日通勤に使っている。なにしろこのガソリン高、1日バイクで通勤をがんばると約600円のお小遣いがもらえる計算になるのだ。

手の冷たさは1000円台のハンドルカバーだけでどうにかなった。
むしろ高級でソフトな製品より、合皮とプラの安物の方が中で手を動かし安く、かえって使い勝手が良かったような気がしている。毎朝私のハンドルカバーはかちかちに冷たく固まり、中の指が大変動かし安い。

ネックウォーマーの方は最近使わなくなってきた。
どうも私は平均的日本人より頭が大きく賢いようで、大変に着脱がきついのだ。着ける時はまだ良い。取る時が大変だ。肌にぴったりと暖かいネックウォーマーだが、取る時には顔と頭を強く圧迫し、髪の毛もぐしゃぐしゃになる。朝の忙しい時間に仕事場で髪を整えるのも勤務先的にちょっとなんなので、最近では "SHOP99" で買った高級フリースマフラー(99円)をもっぱら愛用している。ネックウォーマーはあの神ツール「ハンドルカバー」と似たような価格だったので、これは地味に悔しい。このマフラーでは顎はもちろん、頬全体を覆っている。

しかし今日新しい武器が届いた。OGKの"TeleosV"というヘルメットだ。さっそく試してみたのだが、これが想像以上に良い。

gn125_teleos3_view.jpg

----------------------------------------------------------------

この記事の全文を読む more.png

posted by GN125サイト主 at 21:32 | Comment(7) | TrackBack(0) | GN125/修理/メンテ/改修

2008年02月02日

旭風防No99ライダーシリーズ装着

 
相変わらずバイク通勤を続けている。

朝から雨が降らない限りバイクに乗るので、雨の少ないこの時期はほぼ毎日バイク通勤している。おかげで車のメインバッテリーをあげてしまったほどだ。何度も書いてるがバイクだとガソリン代を1日600円ほど安くあげることができるせいもあるが、それ以上に「どこまで寒さに負けないかごっこ」をしている気もする。

現在の耐寒装備は、厚着+オーバーパンツ、ハンドルカバー、フルフェイスヘルメット+100均フリースマフラーかネックウォーマーだ。これでも3-40分程度の通勤は可能なのだが、「どこまで寒さに負けないかごっこ」精神が更なるアイテムの追加を要求する。というか、出来ることはやってみたい。

そういう訳で風防を装着した。

GN125_wind_view.jpg

----------------------------------------------------------------
この記事の全文を読む more.png

posted by GN125サイト主 at 19:03 | Comment(5) | TrackBack(0) | GN125/修理/メンテ/改修

2008年02月08日

耐寒日記1 - アイシング

 
今週はついに関東地方でも雪が降った。

私はこう見えても馬鹿だが、積雪時にノーマルタイヤのバイクで出勤をするほどではない。雪の積もった朝は素直にスタッドレスタイヤを履いた車のパートタイム4WDを駆動しながら「燃費が、燃費が…」と泣きながら通勤した。

車での通勤は楽だ。
暖房の効いた車内でコーヒーを飲みつつiPodの音楽などを聞いているうちに職場に到着する。西の空が暗くても何の心配もない。なにしろ車には屋根とドアがある。暖かいだけではなく、空から水が落ちてきても濡れないのだ。忘れていた感覚だ。さすが馬鹿だ。

しかしこんな暮らしを続けていた日には、あっという間に堕落してしまう。私は人一倍自分に甘く誘惑に弱い。もちろん堕落ぶりにも定評がある。このままでは墜ちるところまで墜ちてしまいそうなので、帰路には路面状況を観察し通勤路の路面乾燥状況を調査、翌日のバイク通勤が可能であることを確認した。


翌朝、通勤路は霧だった。
雪は昨日のうちに止んでいる。多少の霧では路面がそう濡れることもないだろう。白い世界に若干の不安を覚えつつも、たっぷりと暖機を行い私はGN125を走らせた。

GN125_snowday_view.jpg

----------------------------------------------------------------
この記事の全文を読む more.png

posted by GN125サイト主 at 21:20 | Comment(10) | TrackBack(0) | GN125/修理/メンテ/改修

2008年02月16日

耐寒日記2 -雪中走行&キャブヒーター(?)

 
私の耐寒通勤はまだまだ続いている。

今週の関東地方はこの冬一番の寒さだったらしい。
天気予報で「この冬一番の寒さ」などと聞くと、ばかの私は「そうかそうか。じゃぁこの時期をなんとか乗り切ればもう寒さに負けることはないのだな」と、意地になってバイクに乗る。

しかし一応天気予報程度は調べる。
朝降っていなくても、その後降り出した雪の中で走ることだけは何としても避けたいからだ。いくらガソリン代がもったいないからと言って、雪中走行だけはさすがに嫌だ。帰路の暗い夜道を走るのなどご免被る。怖い。絶対転ぶ。

GN125_snow1.jpg


今冷静に何がいけなかったのかを考えると、やはり天気予報を鵜呑みにした点だろうと思う。

----------------------------------------------------------------

この記事の全文を読む more.png

posted by GN125サイト主 at 02:08 | Comment(9) | TrackBack(0) | GN125/修理/メンテ/改修

2008年02月22日

バイクラジオ&バイクオーディオ&GIVI E20N搭載

 
冬を乗り切るためのハンドルカバーと風防で、私のGNはかっこ悪くなった。

しかしかっこ悪くなることは、私としてはむしろ歓迎だ。
これくらいの年になると、むしろフルカウルでスポーティーで「かっこいい」バイクの方が気恥ずかしい。どうせ原付2種、オヤジくさいバイクの方が私には馴染む。

ついでにオヤジバイクの完成系としてリアキャリアを
GIVIのE20N EASYBOX
に変更する。GIVIのバニヤはあまり安くならない。近所のバイク用品店では13000円ほどと定価にちかく、当然のように検索しまくり底値を漁り、当然のごとく10000円以下で入手。

定価での買い物など、私は一生しない。


オヤジバニアとその名も高いE20Nを装着することで、私のGN125はオヤジバイクとしての完成型に近づいてきた。

GN125_nowview.jpg

----------------------------------------------------------------
この記事の全文を読む more.png

posted by GN125サイト主 at 22:15 | Comment(8) | TrackBack(0) | GN125/修理/メンテ/改修

2008年03月12日

犯行現場を動画でお楽しみ下さい ^^

 
その朝も私はバイクで通勤するつもりだった。

寒い朝だったが私は働きに行く。子どもたちにひもじい思いをさせないため、子どもたちを暖かい部屋で眠らせるため、私は働きに出かける。車にはできるだけ乗らない。愛車GN125の燃費は車の7倍以上だ。一月がんばれば赤ん坊のミルク代くらいは浮く。ちなみに我が家に赤ん坊はいない。

ところがその朝、愛するGN125から地味〜な違和感が漂っていた。
一見いつものGN125だが何かが違う。赤の他人には分からなくてもお父さんには分かる。ちなみに私とGN125との間には血縁関係はない。8秒後異変に気がつく。

バックミラー、両方ないじゃん!ヽ(´ー`)ノ


突然だが私は尾崎豊が嫌いだ。
彼を語る時必ずと言っていいほど引き合いに出される「卒業」とやらの歌も嫌いだ。歌詞は大嫌いだ。何が「盗んだバイクで走り出す / この支配からの卒業」だ。ばかかお前。

お前は一生卒業するな。


私は学生時代、2台のバイクを盗まれている。

1台はついに発見されなかったが、もう1台はぼろぼろになって発見された。自走できないほどぼろぼろになって発見された場合、スクラップに出す費用もそこまでの陸送費も被害者である私が払う。金のない学生には極めて理不尽な出来事だった。私は二人のバカを支配から卒業するのに協力したことになるのだが、できれば支配する方に協力したかった。


と、死人に鞭打って少し気が晴れたので、ここからは犯行現場の画像と動画でお楽しみいただきたい。私の住んでいるのはみみっちい集合住宅だが、みみっちいなりに一応防犯カメラという物が何台か設置されているのだ。


平和なバイク置き場。
gn125steal1.JPG

----------------------------------------------------------------
この記事の全文を読む more.png

posted by GN125サイト主 at 19:46 | Comment(12) | TrackBack(0) | GN125/修理/メンテ/改修

2008年03月23日

GN125H、走行10000km突破

 
ついに愛車通勤9号ことGN125Hの走行距離は1万キロを超えた。

納車から1年3ヶ月、10000kmも走れば、今までのような戯れ言ではない「GN125Hの印象」という物を語っても良いような気がする。しかし私には工学的なバイクに関する知識や技術がほとんどないので、多分これから書くことも戯れ言の範疇を超えない自信はある。では戯れ言開始である。

真冬に納車されたのにも関わらず、オリジナル+ホームセンターバニアで1年近く乗っていたGN125だが、さすがに2度目の冬を迎えるにあたってはハンドルカバー、風防などの装備が導入され、もともとオヤヂ臭いバイクがますますオヤヂ臭くなった。しかし暖かくなり始めた今でもこれらの防寒装備はまだ外されていない。

さすがにハンドルカバーだけは近いうちに取ろうと思うが、悩みどころは風防だ。以前は体に当たる風を最小限にしようと可能な限り上に引っ張っていたのだが、雨や雪の夜など「前が見えません全然見えません腰を浮かさなければ見えません」状態になることを学んだので、最も低い位置まで下げた。めいっぱい上げても法定速度で走る分にはさほど燃費が変わらないことも判明し、このままつけていてもいいかな、的気分でいる。

さすがにプロの窃盗犯にも相手にしてもらえなかったラジオは取ったが、風防ステイの突起がなんとなく怖いので、100円均一のメッシュ平板だけはまだ付けている。これは小物などを視野に入れて奥のに意外と便利なのだ。

1万キロの間に、ギアのインジケータが5速を表示しなくなった。
これは東北をツーリング中に突然点かなくなり、電球で切れたのかと思い少し放置していたら、数週間後の北海道ツーリング中に再び点灯し、帰宅してからまた点かなくなった。こういう再現性の低いトラブルは良く分からない。電球ではなくセンサー部分の問題なのかもしれない。もちろん点いていた方が良いが、5速はまぁ泣けりゃないでいいや(金がかかるのは嫌だ)との理由で放置されている。

GN125_5speed.jpg

----------------------------------------------------------------
この記事の全文を読む more.png

posted by GN125サイト主 at 16:27 | Comment(12) | TrackBack(0) | GN125/修理/メンテ/改修

2008年04月04日

GN125、リアタイヤ交換


走行10000km突破記念メンテナンスの第2弾はリアタイヤの交換だ。
中華GN125Hのリアタイヤサイズは、3.50-16 とある。このサイズでリアタイヤを捜すと、IRCのNR21/3.50-16/4PR/WTしか選択肢はない。

しかしこのサイズ表示は「インチ表示」というもののようで、もう一つの「メトリック表示」のものでは、110/90-16というサイズでもなんとかはけるらしい。このサイズでは、ダンロップの110/90-16 59S WTがある。実際、GN125Hの先駆者ライダーさんでこのタイヤをはいている方もいる。

このタイヤは太い。太くてかっこいい。
125の地味なバイクに乗っていると、太い後輪にはかなり惹かれる。実は私もこのタイヤを履こうと、一度は在庫をあたってみたのだが、なぜかこのサイズ、チューブがない。

適合サイズのチューブがない場合、一つ下サイズのチューブを使うのが一般的らしいのだが、ここで迷いが生じた。チューブが一つ下のサイズということは、エアで多少ふくらませて乗ると言うことだ。一般的には特に問題はないのだろうが、万一の場合私はパンク修理に数時間はかかる自信がある。チューブが小さいと言うことはその分リスクも増える気がして、私のようなスキルの低い人間にとっては結構不安だ。

では3.50-16のチューブはと言うと、なぜかタイヤを作っているIRCでもダンロップにも見あたらず、なぜかミシュランに適合サイズがあった。素人としては、やはり素直に適合サイズのタイヤとチューブを選ぶのが無難な気がする。リアタイヤの太いGN125にもかなり未練はあったが、自分に相応しいと思えるNR21と適合チューブを注文する。「大抵2〜3日で届きますよ」という話だったが、実際にタイヤとチューブが届いたと連絡があったのは1週間後だった。

GN125_rico_work_tire.jpg

----------------------------------------------------------------
…続き・全文を読む
posted by GN125サイト主 at 19:29 | Comment(6) | TrackBack(0) | GN125/修理/メンテ/改修

GN125