Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

★重要なお知らせ★

このブログは私の他のブログと統合/移転をしました。
このページは2013年1月より更新を停止しています。 新しいアドレスは、http://japantg.com/wp です。


旧ブログを含む過去の全ての記事も、
新しいアドレス http://japantg.com/wp に移動しています。

ぜひ、新しいアドレスにお越しください。
こちらよりかなり見やすく、お探しの記事も検索しやすくなっています。


550.gif

2012年04月09日

2011秋、日光・足尾ツーリング3 日光のゲストハウス"にっこり荘"で、これ見よがしにカタコトのタイ語をひけらかした件


ジャズフェスが終わりみんなが機材を車に積んで東葛のどこぞに帰ろうとしている時、私は今日の宿がある日光に向かっていた。宇都宮から日光までは国道119号線で40km弱と、道が多少混んでいても1時間かかるかかからないかの距離。今日の宿は1泊2500円のゲストハウスにっこり荘だ。

nikkorisou_01.gif
(撮影は例によって翌朝、以下の写真も順不同です)



正直に書いてしまうと、当初は同じ日光にある巣み家に泊まろうと思っていた。というか、私は日光のゲストハウスは巣み家しか知らなかった。しかし巣み家の予約をしようとtwitterでメンションをつけてみたところ空きベッドはなく、慌ててここを探し出した 。調べてみると日光にはユースホステルやゲストハウスが結構あり、多少選択の幅はあったのだが、ここhostels.comでのにっこり荘の評価は極めて高く、それなら一度泊まってみようか、と考えた訳だ。問い合わせの電話をしたときの対応もとても良く…… 













---------------(全文はここから)




ジャズフェスが終わりみんなが機材を車に積んで東葛のどこぞに帰ろうとしている時、私は今日の宿がある日光に向かっていた。宇都宮から日光までは国道119号線で40km弱と、道が多少混んでいても1時間かかるかかからないかの距離。今日の宿は1泊2500円のゲストハウスにっこり荘だ。

nikkorisou_01.gif
(撮影は例によって翌朝、以下の写真も順不同です)



正直に書いてしまうと、当初は同じ日光にある巣み家に泊まろうと思っていた。というか、私は日光のゲストハウスは巣み家しか知らなかった。しかし巣み家の予約をしようとtwitterでメンションをつけてみたところ空きベッドはなく、慌ててここを探し出した 。調べてみると日光にはユースホステルやゲストハウスが結構あり、多少選択の幅はあったのだが、ここhostels.comでのにっこり荘の評価は極めて高く、それなら一度泊まってみようか、と考えた訳だ。問い合わせの電話をしたときの対応もとても良く、結構期待は高かった。





「車を駐める場所、わかりましたか?」

若いオーナーさんは声をかけてくれる。実はヘタレの私は、雨が降ったら車で宇都宮に行こうと考えていてたため、宿に駐車場があることを電話で問い合わせていた。ライダーの鑑だな。ここは1泊2500円のゲストハウスであり、更には日光東照宮のすぐそばであるのにも関わらず、駐車料金を取ろうとはしない。駐車スペースは十分という訳じゃないので事前の連絡は必要だとは思うが、やっぱりこういうのは印象が良いよなぁ。


大きな地図で見る




宿は掃除が行き届いていてとても清潔だ。1階にリビングとキッチン、シャワー室があり、2階が男女別のドミトリーだ。女性用のドミトリーは男性用より200円だけ高いのだが、中に入った訳ではないので造りの違いは謎だ。ついでに2人まで泊まれる個室もあり、女性用ドミの300円増しで泊まることができる。無線LANも使えて結構居心地が良い。

nikkorisou_04.gif

nikkorisou_05.gif

nikkorisou_06.gif
(五右衛門風呂は200円で利用可。シャワーは無料)

nikkorisou_07.gif



前言を撤回する。「結構」ではなく大変に居心地が良い。

nikkorisou_09.gif





「今日のお客さんで日本人は転々さんだけなんですよ」とオーナーさんが言う。話を聞いてみると、他の客はアメリカ人、イギリス人、フランス人、そしてタイ人グループだった。こたつの横には各国語の落書きがあったりと、なんだかインターナショナルな雰囲気だ。てか、今日は公用語が英語になってるし。

nikkorisou_10.gif






「あ、こちらはタイから来られた人で…」

「サッワディ、クラッ」と挨拶をすると、オーナーさんもタイからの観光客も「あ、なるほどね」的な笑顔を返してくれる。まぁ挨拶程度のタイ語なら、ほとんどのバックパッカーは話すことが出来るだろう。私もその中の1人と認識されたわけだ。

しかし私のタイ語はそんなもんじゃない。挨拶とほとんど変わらないレベルである「自分の気持ちや要求を極めて簡単な1-2語で伝える」という、タイ国現地の1才児と手に汗を握るレベルの勝負ができる実力の持ち主なのだ。しかも10に満たない特定のフレーズについてのみ、タイ語全般の能力と非常に不釣り合いな良い発音で話すことができる。これは乳児時代から子どもたちを毎年タイに連行していたためだ。




nikkorisou_12.gif
(写真いいですか?と聞くと、細かいことを言わず笑顔で応えてくれる心優しい人たち)




今日この宿の公用語は英語だ。英語を母国語とする人もしない人も、みんな英語で会話をしている。しかし私はタイ語が話したい。すごくさりげなくかつ自然に、完璧な発音でタイ語を話して、タイの人たちに「ほおおっ!」と思われたい。できれば褒められたい。「タイ語お上手なんですね」くらい言われてみたい。万一難しいタイ語で応えられたら本当は困るけれど、でも、完璧な発音で話すことができる10にも満たないフレーズのひとつを、ここでひけらかしたい。




そのチャンスは程なくやってきた。タイの人たちがこたつに座ってみんなでお茶を飲んでいる。私はコーヒーカップにインスタントコーヒーを入れた。平静さと自然さを装いながら、コーヒーカップを持ってこたつに向かい、タイの人たちがほとんど揃っていることを確認した後、脳内で何度もイメージトレーニングを繰り返した言葉を、考え得る限りのベストなタイミングで口にした。


「คุณมีน้ำร้อน?」



nikkorisou_14.gif





全員が私の顔を見て「おおおおっ!」という顔をした。
「タイ語話せるの?」
と聞いてくれた人もいた。うれしいったらありゃしない。
ちなみに私のタイ語能力では、この辺を聞き取るのが限界だ。もう少しいろいろ言ってもらったのだが、正直何がなんだか分からなかった。もちろんそんなそぶりはおくびにも出さず、まるでネイティブのようにタイ語がわかるかのようなふりを続ける。


ちなみにこの "คุณมีน้ำร้อน?" は「お湯ありますか?」という意味で、赤ん坊だった子どもたちのミルクを作るのに昔タイ中で乱発したフレーズだ。中国語よりひとつ多い5声があるタイ語だが、このフレーズに関しては私はネイティブなみなのだ。他のネイティブ並に話せるフレーズはあと10くらいで、「蒸した餅米ただでつけてよ」、「もう少しだけ安くして」、「子どもちっちゃいんだからただでいいでしょ?」、「日本人だけれどそんなに金ないんだよね」といったところだ。


タイの人たちに褒められて、私はとても幸せだった。
だって、褒められたくってタイ語勉強してたんだもん。




nikkorisou_13.gif

よろしかったらクリックお願いします ^^
にほんブログ村 バイクブログ
にほんブログ村 バイクブログへ


posted by GN125サイト主 at 19:38 | Comment(3) | TrackBack(0) | 2011秋、日光・足尾ツーリング
この記事へのコメント
褒められて良かったですね〜(*^_^*)

僕も同じようにバリ語(インドネシア語よりムズカシイ)やネーパル語を、2年に一回くらい日本の雑貨屋やカレー屋で話しますよ ( ̄ー ̄)y

もちろん一言か多くても2言ですが(男は言葉少ないほうがカッコイイですからね(^_^;))
Posted by ken☆ at 2012年04月09日 22:09
さすが主さん(転々さん)(^O)=3
英語だけじゃなくてタイ語も喋れるんですねぇ(゜▽゜)
私など日本人以外の1歳児に赤子の手を捻られる様に口喧嘩で泣かされます(;_;)
これから勉強しようかなぁf^_^;
Posted by ヒラの比呂志 at 2012年04月18日 19:49
>ken☆さん
日本で使う外国語は教養の域をでないので、これでいいのです。男たるもの。(`・ω・´)

>ヒラの比呂志さん
だから話せないんですって ^^;
Posted by GN125ブログ主 at 2013年01月21日 19:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/55003425

この記事へのトラックバック

GN125