Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

★重要なお知らせ★

このブログは私の他のブログと統合/移転をしました。
このページは2013年1月より更新を停止しています。 新しいアドレスは、http://japantg.com/wp です。


旧ブログを含む過去の全ての記事も、
新しいアドレス http://japantg.com/wp に移動しています。

ぜひ、新しいアドレスにお越しください。
こちらよりかなり見やすく、お探しの記事も検索しやすくなっています。


550.gif

2011年09月23日

飯山で感動的鰻丼を食べ、粒麗荘で田舎暮らしと老後について考えた件

 
サーバーの挙動が不審で、管理人である私ですらコメントができない環境だけれど、めげずにブログを更新してみたりする。ヒラの比呂志さん、あてろ〜まさん、茨城人さん、コメントありがとうございました。お返事書けなくってすみません。(´・ω・`)




連休に野沢温泉に行った。粒麗荘に泊まるためだ。

名前は以前から知っていたがまだ行ったことのないこの宿を、今年のGWに知り合ったライダーさんに「ぜひ一度泊まって下さい」強くお勧めされたのだ。私はとても善良で正直で勇気があって知恵が深く高潔で義理堅い性格であるため、こういうお勧めをスルーすることはできない。


より大きな地図で 粒麗荘 を表示

tuburesou_01.gif

tuburesou_02.gif



粒麗荘は、日本中を旅行してこられたオーナーご夫妻が購入した、築150年になる古民家だ。2005年に購入した時今にも「つぶれそう」な建物だったため「粒麗荘」という名前にしたとのことだが、実際におうかがいしてみると、極めて快適な宿だ。水道関係以外はオーナーさんが自力でリフォームをしているらしい。センスいいよなぁ、である。

tuburesou_05.gif

tuburesou_04.gif

tuburesou_03.gif


ここは素泊まり3200円/1泊2食で5000円。ライダーハウスとしては高級な部類に入ると思う。実際清潔で快適な寝具やパジャマ代わりの作務衣も用意されている。そして何より奥様の手料理である食事が大変においしい。この食事をいただくためだけにここに来るのもありだとすら思う。

tuburesou_06.gif
(ある日の夕食)

tuburesou_07.gif
(ある日の朝食)


飲食物の持ち込みは自由だ。(宿に冷蔵庫や食器がある)。宿に飲み物はないので、ビールなどを飲みたい人は自分で買い込んで持ち込むことになる。近く(と行ってもバイクで2-3分の距離)にはヤマザキのコンビニがあり夜10時まで営業し…















------------------(全文を読む)







サーバーの挙動が不審で、管理人である私ですらコメントができない環境だけれど、めげずにブログを更新してみたりする。ヒラの比呂志さん、あてろ〜まさん、茨城人さん、レスつけられなくってすみません。(´・ω・`)




連休に野沢温泉に行った。粒麗荘に泊まるためだ。

名前は以前から知っていたがまだ行ったことのないこの宿を、今年のGWに知り合ったライダーさんに「ぜひ一度泊まって下さい」強くお勧めされたのだ。私はとても善良で正直で勇気があって知恵が深く高潔で義理堅い性格であるため、こういうお勧めをスルーすることはできない。


より大きな地図で 粒麗荘 を表示

tuburesou_01.gif

tuburesou_02.gif



粒麗荘は、日本中を旅行してこられたオーナーご夫妻が購入した、築150年になる古民家だ。2005年に購入した時今にも「つぶれそう」な建物だったため「粒麗荘」という名前にしたとのことだが、実際におうかがいしてみると、極めて快適な宿だ。水道関係以外はオーナーさんが自力でリフォームをしているらしい。センスいいよなぁ、である。

tuburesou_05.gif

tuburesou_04.gif

tuburesou_03.gif


ここは素泊まり3200円/1泊2食で5000円。ライダーハウスとしては高級な部類に入ると思う。実際清潔で快適な寝具やパジャマ代わりの作務衣も用意されている。そして何より奥様の手料理である食事が大変においしい。この食事をいただくためだけにここに来るのもありだとすら思う。

tuburesou_06.gif
(ある日の夕食)

tuburesou_07.gif
(ある日の朝食)


飲食物の持ち込みは自由だ。(宿に冷蔵庫や食器がある)。宿に飲み物はないので、ビールなどを飲みたい人は自分で買い込んで持ち込むことになる。近く(と行ってもバイクで2-3分の距離)にはヤマザキのコンビニがあり夜10時まで営業しているので、手ぶらで来てもここで買うこともできる。



この宿の更なる魅力は、縁側の存在だ。

チェックインは午後3時なのだが、その時間あたりから既にここで飲み出している人もいた。夕食ができあがるまでの時間は雑談をしながらここで飲み、朝にはここでコーヒーがふるまわれる。大変居心地が良い。ここでぽけーっとするためだけに粒麗荘にくるのもありだ。というか、実際そうしている人もいた。気持ちはとてもよく分かる。

tuburesou_09.gif

tuburesou_10.gif



宿に風呂はなく、近くのいいやま湯滝温泉(有料、シャンプー/ボディーソープあり、休憩所あり)か、バイクで10分程度の場所にある野沢温泉の共同浴場(無料/寸志)をお借りすることにになる。宿泊者の多くが野沢温泉は熊の手洗湯を使っていた。他の外湯は温度が高すぎるけれど、ここだけは比較的低温なのでゆっくり入れるのだそうだ。雨の日などはオーナーさんが軽トラックを貸してくれるらしい。


夕食の後は「場所を変えて」と、母屋に隣接するオーディオルームで飲み始める。大きな部屋にはオーディオセットやドラム、ギター、ベース、更にはちょっとしたアンプなどもあって、軽い演奏会くらいなら出来てしまう。みみっちぃ集合住宅のために永遠に近いローンを支払いつつ、本や楽器を適宜処分しなければならない私から見れば、夢のような環境だ。「こういう暮らしをしてみたい」とすら思う。

tuburesou_04.gif



実は粒麗荘さんにお邪魔したのは、自分の将来を考えるためでもあった。

粒麗荘のオーナーである上村さんご夫婦は2004年に5ヶ月間日本中を旅行し、翌年都内から築150年の古民家であるこの家に移住された。私も古民家、いや、正直には地方の廃屋かな、とにかく縁側や土間のある家に強い憧れがあり、裁判所の競売物件を含め、一時期かなり本気で物件を見て回ったことがある。まぁ「都会人の無責任な田舎暮らしへの憧れ」というやつかもしれない。「今の仕事を終えたら、どこか人の少ない場所でのんびり暮らしたい」、程度の気持ちだな。


実は「のんびり」の候補地には海外も含まれる。この夏はボルネオで過ごしたのだが、リタイア組の多いマレーシア、少し不便なこの島にも結構少なくない日本人の方とお会いした。

個人的にはマレーシアはセカンドチョイスなのだが、それでもいろいろ話を伺うと、円の強さもあって僅かな年金や貯蓄で暮らすには、マレーシアも悪くはないことを再確認することになり、「じゃ俺はどうしたもんだろうなぁ」的な思いは常に頭の中を巡る。日本の田舎に移住するか、海外でアパートでも借りて気楽に暮らすか、あと10数年で私もこんな暮らしが可能になる。


日本で田舎移住の先輩でもあるオーナーさんのお話を聞く限り、雪国での田舎暮らしはいいことばかりではないらしい。楽しいこともたくさんある反面、現金収入は都会ほど多い訳もなく、少なくとも「現役で仕事をして収入を得る」という前提では厳しそうだ、という印象を受けた。ましてや野沢温泉は雪が多い。粒麗荘は冬期は営業していないが、オーナーご一家はここで暮らしている。毎日が雪かき、なのだそうだ。しかも暖房費もばかにならないらしい。これも大変だなぁ。


実際の所20年後の私がどこで何をしているのかはまだ分からないが、選択肢の一つには「日本のどこかに移住する」という案があり、粒麗荘さんではそれを実現している。こんどはお客さんの少ない時期に伺って、今回聞けなかったいろいろなご苦労についても、話をうかがいたい。




なーんか、脳内が老後の心配モードになってきたので、気分を切り替えるために外食報告を。今回は野沢温泉村/飯山市界隈を調査してこんな店に行ってみた。




富倉ふるさとセンターかじか亭


tuburesou_12.gif

ここではそば粉と山ゴボウで打った「富倉そば」なるものをいただくことができる。ややぬめりの多いしこしこした食感のそばなのだそうだ。飯山市から上越市に向かう国道292号線沿いにある。そば単品は840円だが、ここは富倉の人たちが上杉謙信勢に提供した兵糧だという笹寿しとのセット、そば定食1100円を試してみる。

笹寿しの酸味が強めなのは、保存食だからだろうか。そばは上越エリアに少なくない田舎そばという感じで悪くはない。

tuburesou_13.gif




そしてもう1軒。飯山市内にあるうなぎの専門店、本多。

tuburesou_14.gif


結構有名な店らしいのだが、私は最近まで知らなかった。12時前に店に入ったのにも関わらず10人以上の客が席を待っている。山の中だから川魚ということでもないのだろうが、かなりの人気店らしい。なんだかんだで30分以上席を待ち、更に20分以上待ってうな丼2500円也にありつく。

tuburesou_15.gif


大変においしい。とてもおいしい。すごくおいしい。店内入り口には鰻や米の生産者の写真なんぞも展示してあり、「もしかして能書き先行店?」的な不安も感じたが、都内の老舗を含め、今まで食べたうなぎの中で一番おいしいかもしれない。飯山に来る機会は多くはないが、ここを知らなかったのは損失だった。7割ほどをそのままいただき、残りを鰻の茶漬けにして、幸せになる。


で、食べ終わった後どうしたかというと、特にしたいこともなく野沢温泉に戻って熊の手洗湯でだらだらしてただけだった。もちろんその後は粒麗荘に戻って縁側でだらだら飲む。北信州の休日は、このだらだらで十分幸せだ。

よろしかったらクリックお願いします ^^
にほんブログ村 バイクブログ
にほんブログ村 バイクブログへ

posted by GN125サイト主 at 15:59 | Comment(5) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
今回も充実した内容で、楽しく読ませて頂きました。田舎暮らしは、雪の多い処は、大変だと思います。年々体力が衰え、寒さ厳しいと、風もひき易いと思います。私の両親も、年々風をひき易くなっております。田舎暮らしは、ひかくてき、暖かい地方が、良いと思います。ライダーハウスや、ミンタロの様な宿の開店を、楽しみに待っております。
Posted by あてろ〜ま at 2011年09月24日 00:01
おはようございます。
僕は粒麗荘は知らなかったのですが、主さんの記事及び写真を見るからに、凄く感じが良いライダーハウス(僕には旅館と言っても良い位に思えました)ですね。
田舎暮らしですか、僕も憧れは有ります。(岡山は田舎っていうツッコミは無しの方向でf^_^;)
主さんも仕事やサーバーのトラブル等色々あると思いますが、後10数年頑張って下され!(^^)!
Posted by ヒラの比呂志 at 2011年09月25日 11:30
粒麗荘で同宿させていただきましたizumiと申します。彼の地に行ったときは大体食事の相場は十日町の由屋あたりでへぎそばとなっておりましたが、拝見させていただいた”かじか亭”と”本多”に大変興味が湧きました。
楽しい記事をありがとうございます。

次回はこの二軒は要チェックですね!
またお会いしましょう。
Posted by izumi at 2011年09月25日 13:21
ご無沙汰しとります。へんなおじさんです。
兄弟車GS125のオーナーです。
購入して4か月ですが、宿泊してのツーリングは、まだしておりません。

しかし・・いつも素晴らしい宿を見つけますね?信州、山形もこれからの長いバイク生活では必ず行くことになるので、是非利用させていただきます。
Posted by へんなおじさん at 2011年09月29日 11:08
>あてろ〜まさん
私はやっぱり客がいいです。宿の経営って知れば知るほど大変そうで。

>比呂志さん
居心地の良い所ですよ。お勧めします!

>izumiさん
えっ??このブログの事は一度も口にしなかったはずなのですが…。す、すごい!

>へんなおじさんさん
はい、ミンタロさんも粒麗荘さんも、楽しいですよ。^^
Posted by GN125ブログ主 at 2012年02月01日 18:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/48131618

この記事へのトラックバック

GN125