Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

★重要なお知らせ★

このブログは私の他のブログと統合/移転をしました。
このページは2013年1月より更新を停止しています。 新しいアドレスは、http://japantg.com/wp です。


旧ブログを含む過去の全ての記事も、
新しいアドレス http://japantg.com/wp に移動しています。

ぜひ、新しいアドレスにお越しください。
こちらよりかなり見やすく、お探しの記事も検索しやすくなっています。


550.gif

2011年08月23日

2011GW東北「測定・観光」ツーリング3 ミンタロハットな日々

 
私にとって山形はだれる場所、と化している。

ミンタロハットさんのせいだ。この一見普通の住宅であるゲストハウスは大変に居心地が良く、なんとなく宿で過ごしてしまう時間が長くなってしまい、必然的にだらだらと過ごす。山形と言えば山寺と蔵王の大露天風呂が有名だが、しばらくはそんなところにも行かなかったくらいだ。バイクなり車なりがあるのだからちょっと足を伸ばせばいいのに、それすらサボってきたわけだな。

GN125_yamagata_02.gif


とはいえさすがに一日中宿にいるわけがなく、それなりにだらしない観光もしたりする。今回はオーナーさんに寒河江情報を教わり出かけてみた。山形かた寒河江までは原付2種でも30分程度の距離だ。



大きな地図で見る

まずは蕎麦掻きを揚げるというなんとも贅沢な料理を食べに、蕎陶庵(地図B)という店に行く。外見が普通の民家みたいなのが、ミンタロハットと似ている。

GN125_2011_GW_SAGAE_01.gif

GN125_2011_GW_SAGAE_02.gif


あげそばもち、250円。

蕎麦掻きを揚げるなんて、これは蕎麦が日常食だからこそできることだ。うちの近所の能書きの多い蕎麦屋など絶対にできないだろう。とてもおいしく、250円という値段も良い。


GN125_2011_GW_SAGAE_03.gif

蕎麦も良い。山形らしい黒くて太い蕎麦ではないがとても良くできた蕎麦だ。近くて食べている人の様子を見て「これはいけそう」と大盛りにしてもらったが正解だった。ちなみにせいろは720円…







-------------------(全文はここから)






私にとって山形はだれる場所、と化している。

ミンタロハットさんのせいだ。この一見普通の住宅であるゲストハウスは大変に居心地が良く、なんとなく宿で過ごしてしまう時間が長くなってしまい、必然的にだらだらと過ごす。山形と言えば山寺と蔵王の大露天風呂が有名だが、しばらくはそんなところにも行かなかったくらいだ。バイクなり車なりがあるのだからちょっと足を伸ばせばいいのに、それすらサボってきたわけだな。

GN125_yamagata_02.gif


とはいえさすがに一日中宿にいるわけがなく、それなりにだらしない観光もしたりする。今回はオーナーさんに寒河江情報を教わり出かけてみた。山形かた寒河江までは原付2種でも30分程度の距離だ。



大きな地図で見る

まずは蕎麦掻きを揚げるというなんとも贅沢な料理を食べに、蕎陶庵(地図B)という店に行く。外見が普通の民家みたいなのが、ミンタロハットと似ている。

GN125_2011_GW_SAGAE_01.gif

GN125_2011_GW_SAGAE_02.gif


あげそばもち、250円。

蕎麦掻きを揚げるなんて、これは蕎麦が日常食だからこそできることだ。うちの近所の能書きの多い蕎麦屋など絶対にできないだろう。とてもおいしく、250円という値段も良い。


GN125_2011_GW_SAGAE_03.gif

蕎麦も良い。山形らしい黒くて太い蕎麦ではないがとても良くできた蕎麦だ。近くて食べている人の様子を見て「これはいけそう」と大盛りにしてもらったが正解だった。ちなみにせいろは720円。良心的な価格だ。



おいしい蕎麦とあげそばもちで満腹したあとは温泉だ。寒河江にはいくつか日帰り温泉があるが、ミンタロハットさんの一押しは、ここゆ〜チェリー(地図C)とのこと。

GN125_2011_GW_SAGAE_04.gif

GN125_2011_GW_SAGAE_05.gif
(パンフレットの画像です)

ここもすごい。男湯・女湯にそれぞれ泉質の違う3種類の源泉を引いてて、露天風呂もあって、シャンプーなども置いてあって、サウナがあって300円。価格破壊だよなぁ。あまりの快適さに思う存分だらだら過ごす。



山形市内に戻ってきたらまた少しお腹が空いていたので、ケンチャンラーメン(地図D)へ。

GN125_2011_GW_SAGAE_06.gif


私は山形のラーメンはここしか食べたことがないのだが、なかなかおいしい。人気店らしく行列が長いこともあるが、妙に高性能な食券自販機と連動したシステムのおかげか、極端に長時間待つことがない。本店は酒田にあり、山形のものは「ケンチャンラーメンとしては一般受けする傾向のある味」という声もあるが、私には十分おいしい。太麺系で濃厚な味だ。

GN125_2011_GW_SAGAE_09.gif

GN125_2011_GW_SAGAE_10.gif



あー、今日はとってもたくさん観光しました。ご飯食べてお風呂入っただけだけど。(`・ω・´)





そうそう、放射線観測ブログには貼ったけれど、こっちには貼ってなかった。このあたりは私のガイガーでは全く数字があがらない。うらやましいなぁ。







さて、ミンタロハット泊の場合、イベントはこれでは終わらない。


100円コーナーには発泡酒も置いてあるのでなんとなく宿泊者はリビングで飲んだりもするのだが、フルキッチンで調理をはじめる人もいる。で、「よろしかったら」などとおすそ分けがあったりもするのだが、この日は大変なことになっていた。


GN125_2011_GW_SAGAE_12.gif

GN125_2011_GW_SAGAE_13.gif

GN125_2011_GW_SAGAE_14.gif

GN125_2011_GW_SAGAE_15.gif


広島から牡蠣を持ってバイクで高速を走り続けお好み焼きを焼く人、クール宅急便で有名店の餃子を10数人分別送して果てしなく焼き続ける人、私たちも何かと言ってカレーを作っちゃう人、まるでこの事態を予測していたかの様にキッチンが落ち着いた頃トマトとキノコの一皿を作り始める人。

宴会場ですか、ここは。


何一つ料理を作っていない私は、寒河江で買い込んできた無濾過ワインなどを提供する。他にもここにはいろいろなお酒が置いてあるが、100円コーナーの発泡酒以外は全て宿泊客が持ち込んだものだ。なんだかすごいことになってしまった。


GN125_2011_GW_SAGAE_11.gif


改めて書いておかなければならないが、ミンタロハットはセルフサービスの朝食だけがついているゲストハウスだ。夕食はついてないし、お腹が空いたら100円コーナーのスナックやカップ麺、レトルトのご飯やカレーが用意されているから、それを食べればよい。しかしリビング(ダイニングなのかな?)に100円コーナーがあるせいか、なんとなく宿泊者同士が交流してしまうことが多く、それが異常に盛り上がると、こんなことにもなってしまう。あれだけ盛り上がった飲み会は初めてだったが、ブログによるとオーナーさんもそう経験したことがないらしい。いつでもあることじゃないのだ。


誤解をする人がいると困るが、調理やおすそ分けは宿泊者の義務なんかじゃないし、馴染めないなら参加する必要もない。当たり前だが、何か持って行かなければ泊めれないなんてことはない。普通に1人3500円か2人で6000円支払って泊まれば良い。ゲストハウスなのだから当たり前だ。



とはいえ、小規模な飲み会は常時発生している。ここはなぜか客筋が良く、とほ宿やユースあたりにたむろしている空気が読めない人たちがあまり寄りつかないのもうれしい。


GN125_2011_GW_SAGAE_18.gif



マスコットの太郎が私の発泡酒を眺める。呆れているのかもしれない。ちなみに翌日の朝食はこんな感じだった。人は私を「鋼の胃袋を持つ男」と呼ぶ。

GN125_2011_GW_SAGAE_19.gif

よろしかったらクリックお願いします ^^
にほんブログ村 バイクブログ
にほんブログ村 バイクブログへ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47511877

この記事へのトラックバック

GN125