Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

★重要なお知らせ★

このブログは私の他のブログと統合/移転をしました。
このページは2013年1月より更新を停止しています。 新しいアドレスは、http://japantg.com/wp です。


旧ブログを含む過去の全ての記事も、
新しいアドレス http://japantg.com/wp に移動しています。

ぜひ、新しいアドレスにお越しください。
こちらよりかなり見やすく、お探しの記事も検索しやすくなっています。


550.gif

2011年03月06日

中国・福建省のパチモンGN125いろいろ。てかこれでいいのか?中国??

 


例によって更新が滞って大変に申し訳ない。

現在は2009東北リペンジ「見」ツーリングレポート中なのだが、昨年末に行った中国で、例によってGN125、及びパチモンバイクと出会うことができたので、ここで報告させていただきたい。


まずは福建省障州市の小さな工業団地駐輪場にあったGN125。

hukken_GN125_01.gif

極めて見慣れた形だが、マフラーの横に見たことがないパーツがある。火傷防止か何かなんだろうな。前輪の泥よけも少しだけ新鮮だ。結構几帳面な性格のオーナーさんらしく、レインコートをきちんと折りたたんでキャリアに縛り付けている。濡れたまま団子状態にしていい加減に縛り付け「よく分からないゴムの塊」にまで昇華させた私としては、「勉強させていただきました」と頭を下げるしかない。


近くにあったGS125。

hukken_GN125_02.gif

このスポーティーなスタイルは日本でも若い人などが好むと思うのだが、あんまり出回っているとは思えない。結構売れると思うんだけどねぇ。ちなみにこの工業団地の賃金はそこそこ良いのか、パチモンバイクは一台も見つからなかった。GNはあと何台かあったかな。


福建省龍岩市、SINSI GN125。

hukken_GN125_03.gif

hukken_GN125_04.gif

hukken_GN125_05.gif

このキャリアはちょっと欲しいと思った。また、どうせならイグニッションのカバーもSINSIにして欲しいところだが、GN125のパチモンの場合「GN用のパーツが流用できます」というのも魅力のひとつになってるのかもしれない。まぁバイク全体が流用パーツで作られてるようなもんなんですけど。


同じく福建省龍岩市から、Haojue HJ125…

 




-----------(全文はここから)





 
例によって更新が滞って大変に申し訳ない。

現在は2009東北リペンジ「見」ツーリングレポート中なのだが、昨年末に行った中国で、例によってGN125、及びパチモンバイクと出会うことができたので、ここで報告させていただきたい。


まずは福建省障州市の小さな工業団地駐輪場にあったGN125。

hukken_GN125_01.gif

極めて見慣れた形だが、マフラーの横に見たことがないパーツがある。火傷防止か何かなんだろうな。前輪の泥よけも少しだけ新鮮だ。結構几帳面な性格のオーナーさんらしく、レインコートをきちんと折りたたんでキャリアに縛り付けている。濡れたまま団子状態にしていい加減に縛り付け「よく分からないゴムの塊」にまで昇華させた私としては、「勉強させていただきました」と頭を下げるしかない。


近くにあったGS125。

hukken_GN125_02.gif

このスポーティーなスタイルは日本でも若い人などが好むと思うのだが、あんまり出回っているとは思えない。結構売れると思うんだけどねぇ。ちなみにこの工業団地の賃金はそこそこ良いのか、パチモンバイクは一台も見つからなかった。GNはあと何台かあったかな。


福建省龍岩市、SINSI GN125。

hukken_GN125_03.gif

hukken_GN125_04.gif

hukken_GN125_05.gif

このキャリアはちょっと欲しいと思った。また、どうせならイグニッションのカバーもSINSIにして欲しいところだが、GN125のパチモンの場合「GN用のパーツが流用できます」というのも魅力のひとつになってるのかもしれない。まぁバイク全体が流用パーツで作られてるようなもんなんですけど。


同じく福建省龍岩市から、Haojue HJ125。

hukken_GN125_06.gif

hukken_GN125_07.gif

hukken_GN125_21.gif

hukken_GN125_23.gif


Haojue (豪爵)は中華GNを手かげている大長江集団のブランドなので、その意味ではオリジナルと言って……良いわけがないが、まぁGNのラインで作ってるのかもしれないし工場が違うのかもしれないし…。多分SUZUKIに支払うお金の問題もあると思うんだけれど、なんでこういうややこしいもの作るかなぁ、でもある。しっかし米袋がよく似合うバイクだ、GN/HJって。


同じく龍岩市から、Haobao GN125。

hukken_GN125_08.gif

Haojue(豪爵)ではなく、Haobao(豪豹)であることにご注意いただきたい。この会社のサイトによれば「摩托车生产商,国家批准的全国摩托车定点生产的目录企业,现产品为中国著名品牌“豪豹”HB125系列摩托车,年生产能力30万辆」なのだそうだ。


まだまだ龍岩市、LONSIN LX-125。

hukken_GN125_10.gif

龍岩市ではGN125のコピーバイクを1ヵ所で集中して見てしまったので、それなりに中国に理解があるつもりでいた私も、多少目眩がしそうになった。この国に新幹線の技術を売ったJR某社は、新幹線もGN化することをどこまで考えていたんだろう、とも思う。ついでに言えば、中国でパクリ/コピー物のメーカーで開発(?)をするのは、笑っちゃうくらい気楽な仕事なのだろうか、などとも考える。部品の耐久性とか、あんまり意識しないんだろうなぁ。


その隣にあった、SUZUKIの覆面を被ったHaojue。

hukken_GN125_12.gif

hukken_GN125_13.gif

hukken_GN125_14.gif

SUZUKIのふりをする、というよりHJのオーナーさんが使い回しの効くGN125用タンクカバーをつけた、って事なんだろうけれど。どうなんだろう、このタンクカバーって便利なのか?この左右のポケットはこんなにみっともなく個性的になってまで使いたい物なのだろうか? おっさん臭い不格好工事現場的バイクは大変に私の好むところなのだが、さすがの私もこれは少し嫌だ。


更に龍岩市、DY-125、SUZUKI覆面つき。

hukken_GN125_15.gif

hukken_GN125_16.gif

頼むから覆面取ってDYのロゴ見せてくれや。


言うまでもなく龍岩市、LX125、SUZUKI覆面。

hukken_GN125_17.gif

ちょ、おまw、レッグシールドって仲間ですかそうですか! でもレッグシールドにポケットをつけるというそのアイディア、私にはありませんでしたから。自分の上を行くバイクを見て、あまりのうれしさに背中が痒くなってくる。


こんなのもあったけれど、もうどうでも良くなってきた。

hukken_GN125_19.gif

もう脳が中国化してしまったのだ。どんなコピーものやパチモンを見ても「別に、てか普通じゃん」とスルーできるようになってしまったのだ。ライセンス生産のGN125を買う人間が、とんでもない金持ちか道楽者に思えて来かねない。


ではカーテンコール。

hukken_GN125_18.gif

hukken_GN125_20.gif

hukken_GN125_22.gif


えっと、なんてかね、今日も中国は中国してました。(´・ω・`)

よろしかったらクリックお願いします ^^
にほんブログ村 バイクブログ
にほんブログ村 バイクブログへ
タグ:GN125
posted by GN125サイト主 at 18:27 | Comment(7) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
はじめまして!同じく千葉県人です

最近現地バイク風のカスタム(?)に興味が出てきたところで大変参考になりました。

リンク貼らせて頂きますので宜しくお願いします ;)
Posted by diypapa at 2011年03月06日 21:30
覆面初めて見させて頂きました。さすが中国ですね〜。私も合羽は使用後、ゴムの塊にしてしまうタイプの人間です。
Posted by あてろ〜ま at 2011年03月06日 22:50
 お久しぶりです。

「SUZUKIの覆面」笑わさせて貰いましたw

 それにしても、リアの泥除けどれも長いですね〜^^

 
Posted by ぴーす at 2011年03月08日 20:58
コピーというかOEMではないのですか?
Posted by うーん at 2011年03月09日 03:22
主さんこんばんは。
(当ブログとは趣旨が違うコメントですが…)
主さんのお住まいの所は大丈夫でしたか?
被害にあわれた方々は大変でしょうが、頑張って下さい。僕も微力ながら何かしらの協力をしたいと思います。
Posted by ヒラの比呂志 at 2011年03月13日 19:54
>diypapaさん
コメントありがとうございます。千葉はGN125多いみたいですね。最近結構見かけるんですよ。マカオもGNすごいですね。楽しく読ませていただきました。バイクブログへのリンクは大歓迎です。どんどんどうぞ。^^

>あてろ〜まさん
仲間がここにも。私結局ちゃんとしたレインスーツを買い直しました。高いから手入れもしてしまうし、それでもワークマンの高級品の2〜3倍の値段で買えるし、結局その方が安くつくみたいです。^^;

>ぴーすさん
ご無沙汰してます。寒い中良くあんな遠いところまででかけるものだと、いつも呆れて^h^h^h^h尊敬しておりました。で中華GN泥よけも含め完全に生活の道具になっているところがいいですよね。^^

>うーんさん
私もそう思いたいのですが、SUZUKIのライセンス生産である大長江集団がOEM出荷することが可能なのか疑問ですし、よーく見ると仕様が結構違うんです。コピー天国中国、コピーや部品の横流しと考えた方が現実的な気がしないでもありません。^^;

>ヒラの比呂志さん
こんばんは。私の勤務地は地盤が緩く体感震度は確実に+0.5ありました。液状化現象も初めて見ましたし、「そこ割れているから気をつけて」と言われそれが地面だったのも初めての経験。でも家族や地元の知人は無事でした。ご心配ありがとうございます。

被害にあわれた方には言葉もありませんが、できる範囲のことをしていきたい気持ちは全く同感です。
Posted by GN125ブログ主 at 2011年04月05日 23:21
いまさらだけど、すげえwww
チャイナパワーすげえwww

そしてこれは
貴重な資料写真だ!
Posted by BIKER at 2015年10月10日 23:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43716425

この記事へのトラックバック

GN125