Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

★重要なお知らせ★

このブログは私の他のブログと統合/移転をしました。
このページは2013年1月より更新を停止しています。 新しいアドレスは、http://japantg.com/wp です。


旧ブログを含む過去の全ての記事も、
新しいアドレス http://japantg.com/wp に移動しています。

ぜひ、新しいアドレスにお越しください。
こちらよりかなり見やすく、お探しの記事も検索しやすくなっています。


550.gif

2011年01月16日

2009秋東北リベンジ12 北上、鬼の館

 
遠野のカッパ釣りビジネスに許可を出した後、GN125を更に西に進ませる。

目的地は、特にない。
自宅から北上していたルートが西方向に進み始めたので、そのまま西に向かっている。よくあるおもちゃの車などが、直進しては壁にあたり方向を変えまた直進するが、まさにそういう感じだ。別に何かを考えていた訳じゃないのだな、例によって。

釜石で昼食にカツカレーを食べた結果、時刻はもう夕方に近い。西に向かいつつも「俺、今日いったいどこまで行くんだろあははは」的な気持ちになっていた。誰かが止めてくれないとどこまでも走ってしまいそうで、こうなると一種の病気という気もする。いつになったら治るんだろうななどと思っていたら、こんな看板があった。

GN125_kitakami_oninoyakata_01.gif


「鬼住む誇り、ここは北上」

そんな怖い町は嫌だ。


観光目的でウケを狙っているのかと思ったのだが、どうやらこれは本気だったようで、北上市の市民憲章にはこうある。

GN125_kitakami_oninoyakata_02.gif
http://www.city.kitakami.iwate.jp/sub04/koucho/kouchou07/page_1943.html

 あの高嶺、鬼住む誇り、  その瀬音、久遠の賛歌
 この大地、燃え立ついのち ここは北上


市民憲章っていったい何なんだろうという素朴な疑問がわく。

日本の市民憲章については、ここここが結構詳しい解説をしていて、疑問の解消に役立った。結構じっくり読んでみたがどう考えても「市民憲章なんて別に意味がないじゃん」としか思えないのは残念だったが。こんなものがなければ市民の自主的な行動や参加意欲が沸かないのだったらろくな町じゃない。だいたい標語の類がでかい顔をしている場面にろくなものはないし。だめな奴ほど標語に頼るんだよなぁ。


話は戻るが、どうやら近くには「鬼の館」というものがあるらしい。

時刻は午後4時を回ろうとしている。ここは少し急いでぜひ「鬼の館」を見学したい。


GN125_kitakami_oninoyakata_03.gif

なんだか大変に立派な建物だ。

これはその辺の観光業者が作ったのではない。北上市の教育委員会が運営する教育文化施設だ。どうして教育委員会が「鬼の館」なのかよそ者の私にはピンと来なかったが、どうもこういう事情らし…





---------------------(全文はここから)
 

遠野のカッパ釣りビジネスに許可を出した後、GN125を更に西に進ませる。

目的地は、特にない。
自宅から北上していたルートが西方向に進み始めたので、そのまま西に向かっている。よくあるおもちゃの車などが、直進しては壁にあたり方向を変えまた直進するが、まさにそういう感じだ。別に何かを考えていた訳じゃないのだな、例によって。

釜石で昼食にカツカレーを食べた結果、時刻はもう夕方に近い。西に向かいつつも「俺、今日いったいどこまで行くんだろあははは」的な気持ちになっていた。誰かが止めてくれないとどこまでも走ってしまいそうで、こうなると一種の病気という気もする。いつになったら治るんだろうななどと思っていたら、こんな看板があった。

GN125_kitakami_oninoyakata_01.gif


「鬼住む誇り、ここは北上」

そんな怖い町は嫌だ。


観光目的でウケを狙っているのかと思ったのだが、どうやらこれは本気だったようで、北上市の市民憲章にはこうある。

GN125_kitakami_oninoyakata_02.gif
http://www.city.kitakami.iwate.jp/sub04/koucho/kouchou07/page_1943.html

 あの高嶺、鬼住む誇り、  その瀬音、久遠の賛歌
 この大地、燃え立ついのち ここは北上


市民憲章っていったい何なんだろうという素朴な疑問がわく。

日本の市民憲章については、ここここが結構詳しい解説をしていて、疑問の解消に役立った。結構じっくり読んでみたがどう考えても「市民憲章なんて別に意味がないじゃん」としか思えないのは残念だったが。こんなものがなければ市民の自主的な行動や参加意欲が沸かないのだったらろくな町じゃない。だいたい標語の類がでかい顔をしている場面にろくなものはないし。だめな奴ほど標語に頼るんだよなぁ。


話は戻るが、どうやら近くには「鬼の館」というものがあるらしい。

時刻は午後4時を回ろうとしている。ここは少し急いでぜひ「鬼の館」を見学したい。


GN125_kitakami_oninoyakata_03.gif

なんだか大変に立派な建物だ。

これはその辺の観光業者が作ったのではない。北上市の教育委員会が運営する教育文化施設だ。どうして教育委員会が「鬼の館」なのかよそ者の私にはピンと来なかったが、どうもこういう事情らしい。

「北上市立鬼の館」は、「鬼」をめぐる様々なことがらを集め、調べ、学びあう場として開設されたテーマ博物館です。 古来、「鬼」は、日本の至る所に出没し、人を超えた力を持ち、私たちの陰の部分に暗躍してきました。また、「鬼」は、蝦夷(えみし)とともに東北に住む人々に与えられた蔑称でした。北上市民憲章に「あの高嶺 鬼すむ誇り」とうたった私たちにとって「鬼」は見過ごすことのできない課題です。 「北上市立鬼の館」は、怖い鬼から愛すべき鬼まで様々な鬼の姿を紹介しながら、鬼の現像に迫ってゆきたいと考えています。
http://www.city.kitakami.iwate.jp/sub03/shisetsu/shisetsu04/page_1292.html

分かるような分からないような気持ちだが、とりあえず350円を支払い入場してみる。
順路が決まっていて、入り口はここだ。横では鬼太郎やネズミ男の出迎えがあり、微妙に不安を煽る。ここは博物館なんだよね?

GN125_kitakami_oninoyakata_04.gif

GN125_kitakami_oninoyakata_05.gif


入ってすぐの場所は映像ホールになっていて、鬼についての基本的知識…、ではないなこれは、イメージ映像が放映されている。内容は、うーん、正直微妙という気がしないでもない。

GN125_kitakami_oninoyakata_06.gif


映像ホールを出るとそこは展示スペースだ。

GN125_kitakami_oninoyakata_07.gif

GN125_kitakami_oninoyakata_08.gif


「テーマ博物館」を自称するだけあって、なんとか整理された知識を伝えようという努力をしていないでもない。ただ、その内容がこんな感じだ。

GN125_kitakami_oninoyakata_09.gif

GN125_kitakami_oninoyakata_10.gif


厳しい。これはかなり厳しい。

何が厳しいと言って、鬼について民俗学的なアプローチに徹すのではなく、といって居直って見世物に徹底するわけでもなく、中途半端なのだ。「テーマ博物館」の趣旨からすれば前者であるべきなのだろうが、どうも徹底されていない。入り口で鬼太郎とネズミ男を見た時の悪い予感は当たっていた。教育委員会という公的な機関ができる、ぎりぎりの見世物的観光施設なのだ、ここは。でなければこんな展示が出来るわけがない。




なーんだかなぁ、である。
やっぱりここは、この種の展示を充実させるべきではなかっただろうか。

GN125_kitakami_oninoyakata_11.gif

GN125_kitakami_oninoyakata_12.gif

GN125_kitakami_oninoyakata_13.gif


別に自分は通りすがりの観光客だしあんまり面倒なことを言うつもりはないけどさ、地元の人はどう思っているんだろうな、でもある。結構立派な施設でお金もかかっているようだけれど、人もそれほどいなかったし。


しかし「鬼の館」もまるで捨てたものでもない。

ここでは他所では絶対に知ることの出来ない知識を得ることができる。

GN125_kitakami_oninoyakata_14.gif

GN125_kitakami_oninoyakata_15.gif

GN125_kitakami_oninoyakata_16.gif

GN125_kitakami_oninoyakata_17.gif


まだこの「鬼の館」に行ったことのない人は、機会があったらぜひ訪問したほうが良い。 いつ消え去ってもおかしくない施設だからだ。

よろしかったらクリックお願いします ^^
にほんブログ村 バイクブログ
にほんブログ村 バイクブログへ
タグ:鬼の館 北上
この記事へのコメント
こんにちは、北上は鬼で街起こしですか。
鬼太郎と言えば境港は水木しげるさんの出身地で、徹底的に街を挙げて鬼太郎で街起こしをしています(恐らく主さんはご存知だと思いますが、例えばJR境線の車輌及び駅にゲゲゲの鬼太郎のキャラが入ってます。)

(例…ねずみ男駅=米子駅など)。
さすがに北上ではそこまで例えば徹してないみたいですねぇ。




Posted by ヒラの比呂志 at 2011年01月29日 10:37
(*´(エ)`*)境港市以外にも鬼太郎博物館があるとは思いもよりませんでした。

(*´(エ)`*)東北は楽しげな展示物が多くて面白そうですな。鬼とか・・・こういうゆるい空気は大好きです
Posted by 歩 at 2011年01月30日 02:33
芸スポに貼られていたのでクリックしたらハマってしまいバイク購入から現在まで2日で速読させて頂きました。
引き込まれますね。
単独ツーリングレポ読んでると自分も次の休みは行って見ようかなという気になります。

バイク持ってませんが。
Posted by ちゃねらー at 2011年02月08日 02:11
>ヒラの比呂志さん。
はい。でも鬼の館はどうも市民からも「税金の無駄使い」的認識をされているらしい、とのことでした。この種の観光は民間でやるべきってきもします。ちなみに石巻では石ノ森良太郎作品の彫像が、寂れた商店街に悲しく並んでいました。(´・ω・`)


>歩さん
鬼太郎は入り口だけではなかったかと思います。役所だし、きっと割高な印税支払ってそう。でもゆるいというより、中途半端、って気もします。^^;

>ちゃねらーさん
最近晒しにも多少の耐性がついてきたので、コメントをいただいても泣かないで済みました。GNいかがですか?乗りだし20万でたっぷりおつりが来ますよ。^^
Posted by GN125ブログ主 at 2011年03月06日 18:33
はじめまして。
5月2日に行ってきましたが、なんと500円に値上げされてました。
鬼太郎は企画展示室の方へ移動してました。
Posted by おやじ at 2011年05月03日 21:39
>おやじさん
500円は、なんていうか安くは、ありませんよね。企画展示で内容が充実したならそれもありかもしれませんが、私はもうきっと行かないので違いは分からないような気がします。^^;
Posted by GN125ブログ主 at 2011年05月03日 23:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42655460

この記事へのトラックバック

GN125