Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

★重要なお知らせ★

このブログは私の他のブログと統合/移転をしました。
このページは2013年1月より更新を停止しています。 新しいアドレスは、http://japantg.com/wp です。


旧ブログを含む過去の全ての記事も、
新しいアドレス http://japantg.com/wp に移動しています。

ぜひ、新しいアドレスにお越しください。
こちらよりかなり見やすく、お探しの記事も検索しやすくなっています。


550.gif

2009年11月23日

2009GW中日本ツーリング18 菅平・旅人宿ぱすてる

 

伊勢神宮と善光寺のレプリカご開帳で大量の御利益を背負った私は、今夜の宿を探す。

家族で出かける時には、私も宿は予約することがほとんどだ。ましてやGWともなれば、これはもう確実に予約を入れる。

しかしひとり旅の場合、まず予約は入れない。


GWといえども、ひとりくらいなら結構なんとかなるものなのだ。もちろん安さやサービスで大人気の宿などを飛び込みで押さえることは難しいが、とりあえず泊まれれば良いと言う場合、しかもGN125で多少の移動は問題ないツーリングの場合、宿無しになる心配はまずない。最悪の場合だって、健康ランドあたりでごろごろしていれば良いのだ。せっかくのツーリング、事前に宿を予約して思うように移動できないなんて楽しくない。


しかし健康ランドの前に、当たってみる価値のある宿はある。
以前も何回か書いてきた、とほ宿、旅人宿の類だ。

宿がどうして満室になるのかというと、全ての部屋に客が入ってしまうからであって、これはしかたがない。しかし、男女別相部屋が原則のとほ宿・旅人宿なら、布団が敷ければ「空室あり」ということになるので、泊まることができる可能性が大幅に上がる。

案の定、長野市から一番近い旅人宿「ぱすてる」には、まだ空きがあった。

gn125_ise_pastel1.gif


誤解のないように書いておくが、とほ宿・旅人宿だからと言っていつでもどこでもほぼ飛び込みで泊まれる訳ではない。実際私も、ちょっと脳内であてにしていた旅人宿が満員だったりしたことも結構ある。

しかし団体でも入っていない限り、宿泊できる可能性が高いのは間違いない…


---------------------------------


 
伊勢神宮と善光寺のレプリカご開帳で大量の御利益を背負った私は、今夜の宿を探す。

家族で出かける時には、私も宿は予約することがほとんどだ。ましてやGWともなれば、これはもう確実に予約を入れる。

しかしひとり旅の場合、まず予約は入れない。

GWといえども、ひとりくらいなら結構なんとかなるものなのだ。もちろん安さやサービスで大人気の宿などを飛び込みで押さえることは難しいが、とりあえず泊まれれば良いと言う場合、しかもGN125で多少の移動は問題ないツーリングの場合、宿無しになる心配はまずない。最悪の場合だって、健康ランドあたりでごろごろしていれば良いのだ。せっかくのツーリング、事前に宿を予約して思うように移動できないなんて楽しくない。


しかし健康ランドの前に、当たってみる価値のある宿はある。
以前も何回か書いてきた、とほ宿、旅人宿の類だ。

宿がどうして満室になるのかというと、全ての部屋に客が入ってしまうからであって、これはしかたがない。しかし、男女別相部屋が原則のとほ宿・旅人宿なら、布団が敷ければ「空室あり」ということになるので、泊まることができる可能性が大幅に上がる。

案の定、長野市から一番近い旅人宿「ぱすてる」には、まだ空きがあった。

gn125_ise_pastel1.gif




誤解のないように書いておくが、とほ宿・旅人宿だからと言っていつでもどこでもほぼ飛び込みで泊まれる訳ではない。実際私も、ちょっと脳内であてにしていた旅人宿が満員だったりしたことも結構ある。

しかし団体でも入っていない限り、宿泊できる可能性が高いのは間違いない。


とほ宿・旅人宿の多くでは食事が提供される。

素泊まりも可能だが、この食事、家庭料理がメインだが結構おいしく、そして宴会的に楽しいことが多い。パステルに電話を入れた時「夕食は18:30からです」と言われたので、善光寺から必死で菅平高原を目指す。保科温泉を経由する県道34号線が距離的には短いとのことだが、ナビもないよそ者としては、分かりやすい国道406号線のルートを取る。国道の方が道が良くて結局早く到着できることも少なくない、筈だ。


大きな地図で見る


やっぱりバイクにもナビが欲しいなぁ、と心から思う。

思えば今回のツーリングは、都心にでるつもりが有明に出たり、246を走るつもりが1号線に出たり、浜名湖で慌てて地図を買ったり、岐阜の山中でぐるぐる1時間くらいハムスターのように同じ場所を走ったりと、恐ろしく道に迷い続けた。


こんなことを書くからバカだと思われるのだが、正直私は道に迷うことは嫌いではない。

これは小さい頃からのことだ。

いつも見慣れた通学路や友だちの家があるエリアを離れ、いつもと違う光景をみると妙にわくわくしたものだ。もちろんなんだかんだで多少時間はかかるが最終的には家に帰れた訳で、いざとなれば交番で道を聞けばよいことくらいは子どもなりにわかっていた。

安全に帰宅できるという適度の安心感がある迷子ライフは、こどもにはそれなりにスリリングでわくわくする体験だった記憶がある。


しかし年齢を重ね方向感覚を失い、しかも小さいとはいえそこそこ移動能力のあるGN125での迷子ライフは、子どもだった頃に比べてリスクが高い。子どもの頃の迷子ライフは、30分も歩けば見知ったエリアに戻ることができたが、GNの場合「冗談じゃないや、もうばかばかしくて引き返す気も起きん。あはは、あは、あはは」という距離を移動してしまう可能性がある。


私のバイクナビへの思いは、この頃生まれた。



と、話が横道にずれた。


善光寺を出発したのが午後5時20分頃。

gn125_ise_pastel2.gif

長野市をバイクで走るのは初めてのせいもあり、今ひとつ方向感覚がつかめない。とりあえず駅前の交番で、菅平高原への道を尋ねる。長野-菅平高原移動のアマチュアは国道406を走った方が良いという情報は、ここで教えてもらった。国道406までは、須坂ICを目指せば良いとのこと。

1時間あれば宿の夕食にも間に合うだろう。
なにしろとほ宿の夕食は「宿泊客みんなで一緒」であることがほとんどなので、遅刻はできない。多少急ぎたい。


駅の南側に向かう途中、雨が降ってきた。

gn125_ise_pastel3.gif



以前買ったRSタイチのレインスーツは、家族が親切にも洗濯機で洗って乾燥機にかけてくれたおかげで天に召された。実は今回は、長期予報を盲目的に信用し、大きな荷物どころか、ショート長靴以外雨具を持たないで出発してしまったのだ。往路が東海道だし、どこかで買えば良いとたかをくくっていたところもある。



雨冷たいよぉ。寒いよぉ、ママン。


こういう場合は100円均一かワークマンのお世話になるのだが、宿の夕食時間を考えると電話帳でわざわざ探す余裕はない。泣いていると駅の南側に登山用品店があったので、そこで一番安いレインコートを買う。1050円。ワークマンなら300円くらいで買えそうな薄いビニール合羽だ。まぁないよりは良い。寒さにはあまり強くないが、びしょ濡れ状態くらいは避けることができる。


gn125_ise_pastel4_raincoat.gif
(撮影は翌日です)



雨の中ともかく須坂ICをめざし、国道406と菅平高原と書かれた青看板を見つけた時には、正直ほっとした。峠を登り「コスモス村」なるエリアの看板からは道がわかりにくいからと、パステルのオーナーさんが出迎えてくれた。ああ、これで暖かい食事と風呂・布団にありつける。ありがたいありがたい。

gn125_ise_pastel4_view.gif
(撮影は翌日です)


宿の夕飯は北海道の旅人宿で良く出る牛乳鍋だった。あれ?豆乳鍋だったかな? ^^; ともあれ冷えた体にはありがたく、おいしい。旅人宿には良くあることだが、常連さんの差し入れなどもあり、食卓の上は結構豪華だ。最初のビールはオーナーさんのごちそうということで、ありがたくいただく。鍋のためかダイニングではなく談話室でいただく。くつろげていい。

gn125_ise_pastel4_living.gif
(撮影は前夜の宴会の余韻も残る翌朝です)


外見や名前から想像できるように、ここは以前ペンションだった。
それをオーナーさんが買い取り、旅人宿にしたらしい。スキー場がすぐそばなのに、真冬には営業しないことも多いとのこと。地理的に稼ぎ時なのにとの疑問を投げかけると、「体もきついし、寒いし」とのお返事だった。なんというか、なるほど、だ。一応営利を目的としている宿のはずなのだが、あんまり「儲ける」ということに執着は感じられない。体がきついのかなぁ、でもあるが。

宿泊客のうち、バイクで来た人は私を含め二人、あとの人たちは車だ。中には「道が混む前に」と深夜帰宅した人もいた。みなさん、この宿に来ることが目的のようにも思える。

gn125_ise_pastel5.gif



1泊2食5000円程度+交通費で菅平の空気を吸って楽しく食事ができるのなら、リーズナブルで健全な娯楽だ。ましてやETCで高速1000円のご時世だ。

宿泊客は基本的に旅行好きなので、お酒も話も進む。この種の宿にときどきいる「宿のヌシ」や「痛い常連」さんがいなかったこともありがたかった。このあたりは一緒に飲んでいたヘルパーさんの絶妙な空気の読み方も大きかったように思う。

部屋は原則相部屋のはずなのだが、宿泊者=部屋数だったらしく、私には広い和室があてがわれた。

gn125_ise_pastel4_room.gif


翌日の朝食も温泉宿のような豪華さはないが大変おいしかった。

これでGWであるにもかかわらず、1泊2食4900−5200円だ。一人寂しく眠る市内のビジネスホテルに同じ値段を支払うのはもったいない、と思うのは、どう考えても自然だろう。


旅人宿パステル
〒386−2204
長野県上田市菅平高原コスモス村
TEL 0268−74−0203
http://www011.upp.so-net.ne.jp/toho-pastel/



よろしかったらクリックお願いします ^^
にほんブログ村 バイクブログ
にほんブログ村 バイクブログへ

【2009GW お伊勢参り/善光寺ご開帳ツーリングの最新記事】
この記事へのコメント
無計画適当ツーリングをする私は、滅多に宿泊予約はしません。20歳代の頃は、

1 野宿(テント、夏場はそのままで寝るw)
2 民宿飛び込み
3 日帰り

でした。
30代以降はまあ、オヤジ狩りが怖くて「1」のそのままで寝るはしませんが・・^^;
Posted by ぴーす at 2009年11月27日 22:15
とほ宿や旅人宿・・・
いつかは、泊まってみたいです。
このブログを読ませていただくたびに、そう思うのですが、なかなか勇気がありません・・。
でも、楽しそうですね・・・。
Posted by parumiyo at 2009年11月30日 00:44
>parumiyoさん
いやいや、parumiyoさんのおっさんパワーをもってすればきっと楽しめます。嫌ならご飯だけたべてテレビでも見てれば良いのです。^^
Posted by GN125ブログ主 at 2009年12月06日 13:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33818646
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

GN125