Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

★重要なお知らせ★

このブログは私の他のブログと統合/移転をしました。
このページは2013年1月より更新を停止しています。 新しいアドレスは、http://japantg.com/wp です。


旧ブログを含む過去の全ての記事も、
新しいアドレス http://japantg.com/wp に移動しています。

ぜひ、新しいアドレスにお越しください。
こちらよりかなり見やすく、お探しの記事も検索しやすくなっています。


550.gif

2009年10月10日

2009GW中日本ツーリング17 善光寺ご開帳

 
松代大本営を見学し、善光寺に向かう。

なにしろ7年に1度のご開帳だ。江戸時代にはお伊勢参りの帰りに善光寺参りをするのも定番の一つだったと聞く。更にはオリンピック騒動の時には気骨を見せた寺だ。ここは一つ伊勢神宮と併せてお参りをして、御利益を山ほど持って帰りたい。

善光寺のご開帳については、http://www.gokaicho.com/ というものすごいドメインのサイトがある。敢えて日本語ドメインにしないところに見識を感じる。

gn125_ise_gokaicou.gif

このサイトにはこうある。

御開帳について

七年に一度の盛儀に、前立本尊さまとのありがたい結縁。

善光寺本堂に安置される御本尊一光三尊阿弥陀如来は、白雉5年(654)以来の秘仏。その後、鎌倉時代に御本尊の御身代わりとして前立本尊が造られ、拝されるようになりました。
前立本尊は、ひとつの光背の中央に阿弥陀如来、向かって右に観音菩薩、左に勢至菩薩が並ぶ、善光寺独特の一光三尊阿弥陀如来のお姿をされています。普段は御宝庫に安置されていますが、七年に一度の御開帳の時だけ、特別にお姿を拝むことが叶います。
中央の阿弥陀如来の右手に結ばれた金糸は五色の糸にかわり、白い善の綱として、本堂前の回向柱に結ばれます。その回向柱に触れることは、前立本尊に触れるのと同じこと。ここにありがたい結縁が生まれ、その功徳ははかりしれません。



私はぼろぼろの状態で毎日をなんとか生き延びている。ありがたいご縁と計り知れない功徳を、是非ともお願いしたい。


さすがゴールデンウィークだけあって、善光寺周辺は渋滞している。全て駐車場に向かう車だ。臨時駐車場もあるのだが、なかなか空かないらしい。

しかし、バイク置き場ならなんとかなるだろう。
誘導係の警備の方に「バイクの駐車場はありますか?」と聞くと、本堂敷地内に用意されているとのことで、誘導をしてくれる。渋滞している車を縫いながらGN125を進め、ベストポジションにあっという間にバイクを置くことがで…

 
 
松代大本営を見学し、善光寺に向かう。

なにしろ7年に1度のご開帳だ。江戸時代にはお伊勢参りの帰りに善光寺参りをするのも定番の一つだったと聞く。更にはオリンピック騒動の時には気骨を見せた寺だ。ここは一つ伊勢神宮と併せてお参りをして、御利益を山ほど持って帰りたい。

善光寺のご開帳については、http://www.gokaicho.com/ というものすごいドメインのサイトがある。敢えて日本語ドメインにしないところに見識を感じる。

gn125_ise_gokaicou.gif

このサイトにはこうある。

御開帳について

七年に一度の盛儀に、前立本尊さまとのありがたい結縁。

善光寺本堂に安置される御本尊一光三尊阿弥陀如来は、白雉5年(654)以来の秘仏。その後、鎌倉時代に御本尊の御身代わりとして前立本尊が造られ、拝されるようになりました。
前立本尊は、ひとつの光背の中央に阿弥陀如来、向かって右に観音菩薩、左に勢至菩薩が並ぶ、善光寺独特の一光三尊阿弥陀如来のお姿をされています。普段は御宝庫に安置されていますが、七年に一度の御開帳の時だけ、特別にお姿を拝むことが叶います。
中央の阿弥陀如来の右手に結ばれた金糸は五色の糸にかわり、白い善の綱として、本堂前の回向柱に結ばれます。その回向柱に触れることは、前立本尊に触れるのと同じこと。ここにありがたい結縁が生まれ、その功徳ははかりしれません。



私はぼろぼろの状態で毎日をなんとか生き延びている。ありがたいご縁と計り知れない功徳を、是非ともお願いしたい。


さすがゴールデンウィークだけあって、善光寺周辺は渋滞している。全て駐車場に向かう車だ。臨時駐車場もあるのだが、なかなか空かないらしい。

しかし、バイク置き場ならなんとかなるだろう。
誘導係の警備の方に「バイクの駐車場はありますか?」と聞くと、本堂敷地内に用意されているとのことで、誘導をしてくれる。渋滞している車を縫いながらGN125を進め、ベストポジションにあっという間にバイクを置くことができた。

伊勢神宮でも渋滞を横目にさっとバイクは駐輪することができた。バイクが何かとお得であることを実感する瞬間だ。500円の駐輪料金も、さほど高いとは思わなくなる。


善光寺と言えばお戒壇めぐりなのだが、たいそうな行列が出来ている。私はこのお戒壇めぐりが大好きだ。漆黒の暗闇が私の陰気な心にぴったりとマッチする。しかし今回は前立本尊を拝むことが主目的だ。バイクを置いてすぐ内陣券を購入、列に並ぶ。外陣からでも遠目に前立本尊を拝むことはできるが、せっかくのご開帳、至近距離で拝みたい。

gn125_ise_zennkouji2.gif

結構な行列だ。
前立本尊まではおよそ1時間の行列らしい。のんびり走って松代でゆったりしてしまったため、時刻は既に午後4時近い。何時にご本尊を拝めるのだろう、と思っていた時、内陣券の発売停止の放送が入った。結構間一髪だったのだ。GNで良かった。車なら参拝券すら購入できなかっただろう。

本堂内は当然のように撮影禁止なので写真はない。
どこでも見られる外側の写真で申し訳ないが、今回は画像が少ないので、貼らせていただきたい。

gn125_ise_zennkouji3.gif


gn125_ise_zennkouji4.gif


実は善光寺のご本尊は完全な秘仏であり、ご開帳で公開されるのは、本尊のレプリカだ。

模鋳したレプリカでさえ7年に1度のご開帳とはどういうことだという気もするが、この辺を調べて見ると、いろいろ興味深い話がある。中には「ご本尊はない」という説すらあるのだ。

このあたりに関しては、宮元健次氏の善光寺の謎という本が面白い。

どこまで内容について書いて良いのか迷うが、BOOK データベースの引用くらいなら問題ないだろう。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

二〇〇九年四月、七年に一度の前立本尊の御開帳が開催される。二〇〇三年の御開帳には、六二八万人の参詣客を集めたという。本尊は果たして本当に日本最古の仏像なのか?本尊を運んだという本田善光の正体とは?「守屋柱」に隠された秘密とは?善光寺に見え隠れする渡来人の影とは?これらの疑問に最新のメスを入れ、できる限り謎のベールをはがすことが、本書に与えられた第一の目的である。そして第二に、地方一寺院としての役割を越えた、大スケールの善光寺の姿をあぶりだすことができたならば、本書のもくろみは果たされたことになる。

【目次】(「BOOK」データベースより)

第1章 七年に一度の御開帳(四四三の善光寺式仏と一一九善光寺の総本山/無宗派なのに天台・浄土宗の別格本山 ほか)/第2章 戦国武将を二転三転した本尊(義経の怨霊に苦しむ頼朝の祈るような再建/家康が捨てた「吾妻鏡」の記述 ほか)/第3章 物部守屋鎮魂の寺(怨霊封じの建築物には共通点がある/守屋柱の謎 ほか)/第4章 日本最古の本尊(本尊の不思議その(1)なぜ金銅仏なのか/本尊の不思議その(2)刀印の謎 ほか)/第5章 渡来人の聖地・善光寺(今明かされる本田善光の正体/百済とのつながり ほか)



実はこの本は帰宅してから購入した。
正直これを読んでから参拝すれば良かったと思っているが、過ぎたことを悔やんでも仕方がない。ともあれ、伊勢神宮参拝と善光寺のご本尊参拝で、私にはこれからとんでもない御利益が舞い込み続けることになる。



と思う。


よろしかったらクリックお願いします ^^
にほんブログ村 バイクブログ
にほんブログ村 バイクブログへ


【2009GW お伊勢参り/善光寺ご開帳ツーリングの最新記事】
この記事へのコメント
認証コードがGN125とはっ!
Posted by at 2009年10月24日 19:41
主さま、はじめまして。のび作と申します。

とても有益かつ楽しいブログをありがとうございます。このブログを読んで私もGN125Hを買っちゃいました。

今日、休みを取って引き取ってきました。中古で本体10万円でした。すっごくいいバイクですね。
私は東海と関東の間の田舎に住んでいるためお店から自宅まで100Km以上あり、いきなりプチツーリングでした。小雨が降ったものの途中からはお陽様も顔を出し、とても気持ち良く走れました。

私は学生時代に普通二輪(当時は中型限定と言っていましたね)の免許を取り、15年ほどSRX250に乗っていました。最初は「中免取ったらやっぱり400cc !!」って思っていたのですが、非力なのでやっぱり軽いバイクじゃないとだめだと悟り、乾燥重量122kgと当時おそらく250ccで最軽量だったSRXにしました。しかし高速に乗ったのはたった1回。結局、任意保険の負担に耐え切れず廃車にしました。その時「家庭人にバイクは無理!」と思い知らされましたが、このブログを読むうちに忘れていた気持ちが沸々と湧き上がり、しかも125cc以下なら維持費が安いということも知り、居ても立ってもいられなくなり、今日の良き日を迎えることができました。

実は、今日は10年以上ぶりにバイクを運転しましたが、GNもシングルだからなのか全く違和感がありませんでした。それどころか、上り坂で5速でもグイグイ加速できるのでとても楽でした。信号にかからなければ、ほとんどギアチェンジしないで走れるんじゃないかと思いました。60km/hでも振動が結構強くミラーがよく見えなくなりましたが、それは“味”と言うものだと思っています。(私の運転が下手なだけかも…)

今日からおやじリターンライダーとして、ゆっくりトコトコ楽しんで行くつもりです。まずは多くの方が指摘されているハロゲンライトとイリジウムプラグの装着をしようと思います。

これからもぜひ楽しいレポートをお願いします。また、いろいろGN125のことも教えて下さい。

よろしくお願いいたします。
Posted by のび作 at 2009年11月02日 19:29
僕もGN125の良さを宣伝したくなり、ブログもはじめました。
主さんのような人を惹きつける文章は掛けませんが、少しでもGNや原付二種ファンが増えてくれることを願っています。
今後ともよろしくお願いします。
Posted by のび作 at 2009年11月11日 18:03
>名無しさん
最近、怪しいスパムコメント(主に出○い系)が妙に増えたので、認証コード入れちゃいました。お許しを。^^

>のび作さん
いらっしゃいませ。このようなやさぐれブログにコメントをいただき、ありがとうございます。
ブログ拝見しました。楽しそうな雰囲気が伝わってきていいですね。これからも中年オヤヂなりに原2ライフを楽しんで行きましょう ^^
Posted by gN125ブログ主 at 2009年11月23日 16:30
今晩は

主様お久しぶりです。

長野の善光寺はまだ行った事がないので、
(山梨の甲斐・善光寺は2回行きましたが・・)
そのうち行こうかと考えています。

GNに乗ると、高速に当然乗れないことから、
ゆったりと走行できますね^^

燃費は街乗りでも、38km/Lは出ます。
(プラグはイリジュウムを買ってすぐに着けました)
購入を検討されている方には是非お勧めです。

追伸:ハンドルブレース着けました^^

Posted by ぴーす at 2009年11月27日 21:58
↑ GNの購入をお勧めしますと言う意味です。

 13年程前にスズキTS125(ハスラー125))に乗っていました。が、ヤマハのオフにも乗っています。

Posted by ぴーす at 2009年11月27日 22:06
>ぴーすさん
ハンドルブレース装着おめでとうございます。^^
実はシルバーウィークなる時、東北リベンジツーリングをとり行ったのですが、その時であったGN乗りのかたはエコドライブでリッター55kmをマークしたそうです。いいバイクですよね!
Posted by GN125ブログ主 at 2009年11月29日 20:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/32813306
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

GN125