Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

★重要なお知らせ★

このブログは私の他のブログと統合/移転をしました。
このページは2013年1月より更新を停止しています。 新しいアドレスは、http://japantg.com/wp です。


旧ブログを含む過去の全ての記事も、
新しいアドレス http://japantg.com/wp に移動しています。

ぜひ、新しいアドレスにお越しください。
こちらよりかなり見やすく、お探しの記事も検索しやすくなっています。


550.gif

2006年12月20日

輸出仕様GN125?

あくまで出所も分からない噂なのだが、中国のバイクは輸出用国内用では工場が違う、あるいは気合いが違う(^^;) ことがある、のだそうだ。

GN_english.jpg

----------------------------------------------------------------あくまで出所も分からない噂なのだが、中国のバイクは輸出用国内用では工場が違う、あるいは気合いが違う(^^;) ことがある、のだそうだ。

をいをい本当か?とも思いつつ、でもあり得ないことはないとも思う。別に国内用と輸出用は値段を変えても良いのだし、無茶な話じゃない。



もっと酷い噂もある。

国内用にも、お上や党、幹部用一般人民仕様があり、工場や気合いが違うのだそうだ。

うーん、この辺になると正直あまり信用はできない。が、「あり得ない」と完全に否定することもできない。可能性はゼロではないような気もする。もし魚釣台や主席が注文したら、やっぱり気合い入れるだろうし。


とまぁ、日本に輸出されている GN125 も「工場か気合いが違う」可能性もある。実際のところは分からない。しかし間違いなく輸出を意識して作られた証拠も車体にある。取り扱い注意文のステッカーだ。中国語ではなく英語で書かれている。

GN_english.jpg

ステッカーの右下に「英」と書かれているのがご覧いただけるだろうか。残念ながら日本語ではないので「日本向け輸出仕様」ではないが、英語圏への輸出を意識していることだけは間違いない。



普通免許で125ccバイクに乗ることができる欧州の国では、このGN125が結構な人気だという話も聞いたこともある。


日本ではまだ「知る人ぞ知る」存在だが、当たり前のようにGN125が走っている国も、結構あるのかもしれないな…。



よろしかったらクリックお願いします。 人気blogランキングへ。
banner_04.gif



ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by GN125サイト主 at 18:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | GN125/修理/メンテ/改修
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3044022
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

GN125