Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

★重要なお知らせ★

このブログは私の他のブログと統合/移転をしました。
このページは2013年1月より更新を停止しています。 新しいアドレスは、http://japantg.com/wp です。


旧ブログを含む過去の全ての記事も、
新しいアドレス http://japantg.com/wp に移動しています。

ぜひ、新しいアドレスにお越しください。
こちらよりかなり見やすく、お探しの記事も検索しやすくなっています。


550.gif

2008年07月12日

ライダーハウス、糠平・湯本館 北海道3日目/夕〜夜

 
大好きな博物館・網走監獄で監獄気分を十分味わった後、北見方面を目指した。北海道回転寿司伝説の一翼を担った北見のトリトンで夕飯をとるためだ。

GN125_rikuberuroute.gif


今から10年ちょっと前まで、北海道回転寿司伝説は確固たるものだった。そのネタの豊富さと新鮮さ、そして値段の安さは確かに本州エリアとは一線を画していたと思う。特に私のようなあまりお金のない観光客にとって、北海道の回転寿司はかなり魅力的な存在だった。

トリトンはそんな北海道の回転寿司店の中でも、価格・内容のバランスはトップクラスだと言って良い。北見の北一食品という会社が出した店だったが、今では札幌にも札幌を中心に10以上の支店を持つ人気店だ。

GN125_toriton_view.gif

店内には地元のお客さんが大勢入っていた。
店内は清潔で店員の接客も大変良い。そして実際回転寿司としては大変においしい。

GN125_toriton_inside.gif


しかしこの10年で本州の回転寿司も進化した。
例えば私の愛する首都圏農村部に展開する大漁寿しは、もはや味も値段もトリトンに負けていない。むしろ平均価格が安い分トリトンの上を行っている。北海道回転寿司伝説は、もう過去のものなのかもしれない。少なくとも「北海道にしか安くておいしい回転寿司はない」という時代はもう終わっている。

とはいえ十分に満足するべき元祖トリトンでの夕食を終え私は幸せだった。時刻は夕方4時を過ぎていたが、もう少し走っても良き気分だ。そこで今夜の宿を、ちょっと遠いが糠平のライダーハウス湯本館にしてみた。


北見からまず陸別まで走る。
湯本館の宿泊には予約が必要で、しかも7時までに到着しなければならないと聞いていた。陸別まで走って間に合いそうになかったら、陸別オーロラタウン93あたりで素泊まりしても良い、と考えたのだ。

GN125_yumotokan_roten.gif

------------------------------------------------------------

 
大好きな博物館・網走監獄で監獄気分を十分味わった後、北見方面を目指した。北海道回転寿司伝説の一翼を担った北見のトリトンで夕飯をとるためだ。

GN125_rikuberuroute.gif


今から10年ちょっと前まで、北海道回転寿司伝説は確固たるものだった。そのネタの豊富さと新鮮さ、そして値段の安さは確かに本州エリアとは一線を画していたと思う。特に私のようなあまりお金のない観光客にとって、北海道の回転寿司はかなり魅力的な存在だった。

トリトンはそんな北海道の回転寿司店の中でも、価格・内容のバランスはトップクラスだと言って良い。北見の北一食品という会社が出した店だったが、今では札幌にも札幌を中心に10以上の支店を持つ人気店だ。

GN125_toriton_view.gif

店内には地元のお客さんが大勢入っていた。
店内は清潔で店員の接客も大変良い。そして実際回転寿司としては大変においしい。

GN125_toriton_inside.gif


しかしこの10年で本州の回転寿司も進化した。
例えば私の愛する首都圏農村部に展開する大漁寿しは、もはや味も値段もトリトンに負けていない。むしろ平均価格が安い分トリトンの上を行っている。北海道回転寿司伝説は、もう過去のものなのかもしれない。少なくとも「北海道にしか安くておいしい回転寿司はない」という時代はもう終わっている。

とはいえ十分に満足するべき元祖トリトンでの夕食を終え私は幸せだった。時刻は夕方4時を過ぎていたが、もう少し走っても良き気分だ。そこで今夜の宿を、ちょっと遠いが糠平のライダーハウス湯本館にしてみた。


北見からまず陸別まで走る。
湯本館の宿泊には予約が必要で、しかも7時までに到着しなければならないと聞いていた。陸別まで走って間に合いそうになかったら、陸別オーロラタウン93あたりで素泊まりしても良い、と考えたのだ。


陸別道の駅オーロラタウン93着、17:30。

Gn125_rikubetu.gif


ここで湯本館に電話を入れてみる。
現在陸別駅前にいることを伝え今夜の宿泊をお願いしたところ、無事「お待ちしています」との返事をいただく。足寄のミルクロードを通って糠平に向かえば、なんとかたどり着けそうだ。


国道242号線/ミルクロードをひた走る。
北側には夕日に染まった大雪山系が美しい。しかし写真がない。余裕がなかったのだな… orz


午後7時、無事に湯本館に到着する。

GN125_yumotokan_view.gif
(撮影は翌朝です)

GN125_yumotokan_robby.gif

周辺に大型観光旅館が多く比較的小さくて地味な宿ではあるが、ここは大正7年に創業された由緒正しい温泉旅館だ。昭和4年まで糠平温泉にはこの宿しかなかったのだ。

その由緒正しい温泉旅館のご主人はライダーであり、そのご縁からかライダーは1階の数室に雑魚寝という形で1泊1500円で泊まらせていただける。

GN125_yumotokan_room.gif

GN125_yumotokan_sleep.gif


ここのお風呂は素晴らしい。

露天風呂も内湯も24時間利用できる。一般の宿泊客の迷惑にならないため消灯は夜の10時だが、ロビーの自販機ビールと北海道談話で盛り上がっていたライダー一行は、消灯後会場を露天風呂に変え雑談を続ける。もちろん小声で、だ。

GN125_yumotokan_roten.gif

GN125_yumotokan_uchiyu.gif


今や日帰り湯でも1000円くらいする温泉は珍しくない。
にも関わらず、この糠平・湯本館では1500円で素晴らしい温泉と部屋を提供してくれる。畳にごろ寝は厳しいという人は、シュラフとマットを用意すると良い。

私は今回のツーリングのためにモンベルのスーパーストレッチ/バロウバッグを買った。ホームセンターなどで売っている封筒型寝袋よりはかなり高いが、スーパーストレッチシリーズはその名の通りかなり伸縮するため、寝袋野中で寝返りはもちろん手足を伸ばすこともできる。北海道ツーリング以来バイクを使わないキャンプでもかなり活躍している逸品だ。

インフレータブルマットの方はホームセンターで999円で購入した安物があったのでそれをそのまま持って行った。これは正直「ないよりはマシ」程度のクッションだ。次回にはイスカのインフレータブルマットを購入しようかどうか、今かなり迷っている。


よろしかったら応援クリックをお願いします ^^
にほんブログ村 バイクブログ
にほんブログ村 バイクブログへ


posted by GN125サイト主 at 16:02 | Comment(6) | TrackBack(0) | 2007夏 北海道ツーリング
この記事へのコメント
(*^(エ)^*)北海道は寿司も旨いし温泉も沢山有ってイイクマw

(*^(エ)^*)ヒグマの私も温泉のお湯で毛皮を綺麗に洗いたいクマーw暑くても毛皮は脱げないクマ。
Posted by 歩 at 2008年07月14日 11:08
 場違いな質問をお許しくださいm(__)m

 GN、累計走行距離2,400`近く走りました。
オイル交換を1,000`の時、購入したバイク屋でしましたが、オイル点検窓で確認すると、醤油みたいな色になりつつあります。

 オイル交換の必要はあるでしょうか?
(「新車」乗るの初めてなので^^;)
Posted by ぴーす at 2008年07月14日 21:32
 渚滑(紋別市)の「ライダー&チャリダー共和国」という酒小売店が経営するライダーズハス(だったと思います; 素泊まり1,000円 只で貰った三平汁が美味かった)と稚内の(名前忘れました^^;)雑貨屋みたいなところに泊りました^^(同1,500円?)(10年前 両方雑魚寝^^)

 北海道に6回(??)ツーリングに行った弟は、サロマ湖にある「船長の家」が好いとのことです(魚介類が沢山食べられるらしい)^^
Posted by ぴーす at 2008年07月14日 22:52
↑ライダーズハウスでした^^;;

 三平汁、おかみさんご馳走様でした^^(7−○のお惣菜より100倍美味かった)
Posted by ぴーす at 2008年07月14日 23:05
はじめまして
私も原付2種のバイクに乗っているオヤジライダーです。
高速道路に乗れないので遠方へのツーリングは諦めていましたが、貴殿のブログを拝見し、1日に下道で700kmも走った事を知り大変に感激してしまいました。
高速道路に乗れなくてもツーリングを十分、楽しむ事ができるんだなーと関心してしまいました。
また、私もキャンピングカーの改造も趣味としておりますので、なんかすごく親近感が湧いてしまい、思わずカキコさせて頂きました。
これからも更新を楽しみにしています。

よろしかったら私のブログにもお立ち寄り下さいませ。
Posted by kanekkin at 2008年09月10日 20:51
コメントが大幅に遅れましたことを、お詫び申し上げます…

>歩さん
北海道はいいですよねぇ。
年の半分近くバイクに乗れない分、楽しみを与えられた土地のようで、その良い時期だけを楽しませていただいて、ありがたい限りです。^^


>ピースさん

オイルは色より清潔さと粘度が大切なようです。色はどうしてもすぐ汚れて黒くなってしまいますが、1000km程度なら平気なはずです。昔は新車はならし終了の頃、一度オイルを変えたりもしたので、大陸産であることを考えたら、変えるのもそれはそれで楽しいかもです。^^


>kanekkinさん
コメントありがとうございます。^^
キャンピングカー乗りの中には、結構バイク乗りの方もいらっしゃるみたいですね。知り合いにも少なくありません。ブログ伺わせていただきます。^^


Posted by at 2008年09月20日 13:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/16872857
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

GN125