Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

★重要なお知らせ★

このブログは私の他のブログと統合/移転をしました。
このページは2013年1月より更新を停止しています。 新しいアドレスは、http://japantg.com/wp です。


旧ブログを含む過去の全ての記事も、
新しいアドレス http://japantg.com/wp に移動しています。

ぜひ、新しいアドレスにお越しください。
こちらよりかなり見やすく、お探しの記事も検索しやすくなっています。


550.gif

2012年03月11日

2011秋、日光・足尾ツーリング2 宇都宮はジャズと餃子の街、なのだそうだ

 
宇都宮はジャズの街なのだそうだ。

どうしてジャズの街なのかと言うと、渡辺貞夫の出身地だかららしい。「ナベサダ」の愛称で親しまれている氏は、1936年荒川区尾久の待合で愛人の男性を扼殺した上局部を切り取り、いや、これは違う、1951年宇都宮から上京しプロ活動を開始し、日本を代表するジャズ/フュージョンのサックスプレイヤーとなった。氏のすごい所はプロになった後の1962年バークリーに留学し、帰国後バークリーで学んだ知識をプロ・アマを問わず多くの日本人に伝えたことだろう。彼は宇都宮を離れて30年以上経ってから名誉市民に祭り上げられている。80年代にはGRPなどのミュージシャンと演奏する機会も多く私も時々聞きに行った。NHKで放映された"How's Everything"のエンディングでスタンディングオベーションをしている美青年は私の若き日の姿だったりもする。この動画、どこかで見られないかなぁ。

もっともこの理屈で言えば上原ひろみを産んだ浜松なんかも「ジャズの街」を名乗る資格は十分にあるし、吉田拓郎が生まれた鹿児島県伊佐市は「フォークの街」であってしかるべきだ。矢野顕子を産んだ青森市などは「天才の街」くらい言っても良い気がするし、吉田兄弟を産んだ北海道登別市は「津軽三味線の街」と自称してよいはずだ。どうして宇都宮だけが「ジャズの街」を自称しているのかと言えば、まぁ、そこはそれ「まちおこし」って奴ですな。

utsunomiya_01.gif
http://bit.ly/AzTEOL


更に宇都宮は餃子の街でもあるらしい。

これは宇都宮の平均餃子消費量が日本一だから、という理由らしいのだが、実際には2007年に浜松市が餃子消費量日本一だと発表していたりもする。ジャズといい餃子といい宇都宮と浜松の間には浅からぬ因縁が…この記事の全文を読む more.png

posted by GN125サイト主 at 00:16 | Comment(2) | TrackBack(0) | 2011秋、日光・足尾ツーリング

GN125