Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

★重要なお知らせ★

このブログは私の他のブログと統合/移転をしました。
このページは2013年1月より更新を停止しています。 新しいアドレスは、http://japantg.com/wp です。


旧ブログを含む過去の全ての記事も、
新しいアドレス http://japantg.com/wp に移動しています。

ぜひ、新しいアドレスにお越しください。
こちらよりかなり見やすく、お探しの記事も検索しやすくなっています。


550.gif

2011年07月24日

2011GW東北「測定・観光」ツーリング3 仙台から山形までの道は油断がならない件


週末の高速ETC割引が終了した。

しかし我々原付2種愛好者に何一つ困ることはない。なんせもともと高速には乗れないのだ。私はGN125を買った翌年(2007年)に「首都圏から下道/1日でどこまで北上できるのだろう?」と午前3時台に自宅を出てそのまま下道を北上してみたのだが、なんと夕方には青森に到着してしまった。東日本に関して言えば1日20時間くらいあればそれくらい移動できることを知り、その時の私は天下を取ったような気分だった。

GN125一台あれば、もうどこだって行けるじゃん!


それに走ってて楽しいのは下道だ。

高速も便利と言えば便利なのだが、防音壁の向こうの風景がどんなに変わっても、走る楽しさは激減する。最近放映された私の好きな「水曜どうでしょう」の新作でも、ヒゲの「国道なんかより県道の方が面白い」的な発言があったが、全くもって同感だ。道路は細くなれば細くなるほど生活感を感じることができて楽しい。でも国道も使うんですけどね。

GN125_yamagata_01.gif
(津軽突貫2泊3日ツーリングで泊まった矢立温泉)

原付2種のGN125だって、朝ちょっと気合いを入れて早起きすれば、青森だって津軽だって(フェリーは使ったけれど)伊勢だって1日で行くことができる。もちろん下道でだ。新潟なんかあなた、10時頃ちんたら出発しても休憩込みで夕方には市内についてしまい、拍子抜けすらした。下道だって結構距離は稼げる。おまけに高速と違って安くて美味しい店にも寄りやすいし、風景も楽しい。私はこの5年で下道至上原理主義者に変貌した。

とはいえ最近少しだけ知恵をつけた私は「どうもツーリングというのは、ただ距離を稼げば良いわけでもなさそうだ」ということに、気がつき始めている。もう年も年だし、なんというか、その、「適度な距離」を走ることも覚えて来たわけだ。おばかはこういうことに気がつくまで、必要以上の時間がかかる。



今回はミンタロハットさんに部屋を用意していただいた。

私とミンタロハットさんの出会いは、2007年の初回東北ツーリングだった。GN125に乗り始めたばっかりの私と、ゲストハウスをオープンさせたばかりだったミンタロさんはここで初めて出会い、その後度々お邪魔することになった。まぁ、これだけの高規格ゲストハウス、どういう経緯があろうがリピーターにはなっただろうけれど。

ミンタロハットさんは山形市の中心部にある。この山形というのは、首都圏からのちょっとだけがんばったツーリングには絶好の場所だ。私の場合東北方面に関しては、1がんばりが仙台/山形界隈、2がんばりが盛岡/三陸界隈、3がんばりで青森とすり込まれている。

そして私の住む首都圏農村部から山形までの基本ルートはこれ…

…この記事の全文を読む

GN125